こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

今日はピックの選び方第二回ということで、以前の予告通り次は「ピックの厚さ」のお話をしていこうと思います!

自分にぴったりのピックが見つかる本というものも出版されています)

https://amzn.to/2x7qUgm

 

 

 

厚さの分類

 

 

ピックの厚さの分類として定着しているThin、Medium、Heavy、Extra Heavy、の基準を作ったのはフェンダー社だと言われています。

何ミリだったらミディアムとかきっちりと決まっているわけではないですが、厚さ別にどんな音になりやすいかなどを見ていきたいと思います。

 

 

m_fender20thin20pick

 

 

まずは「Thin」のピックからいきましょう。

厚さは約0.5ミリです。

かなり薄めのピックですが爽やかな軽いサウンドが鳴るので、アコギのストロークなどに向いている感じですね。

音域も高音が綺麗に出ます。

その反面低音は出しにくいので、ガツガツしたサウンドを求めているときなどには不向きであると言えるかもしれません。

ロック、メタル系のギタリストでこの厚さのピックを使用している人はほとんどいないでしょう。

 

 

m_fender20medium20pick-50058

 

 

次は「Medium」です。

厚さは約0、7ミリで、このくらいからかなり一般的な厚さになってきます。

「Thin」の良いところは残しつつ、様々なジャンルや弾き方にも対応できるようになっていて、この厚さ近辺(0.8ミリくらいかな?)が一番使用者が多い印象です。

 

 

m_fender20heavy20pick-71d0e

 

 

続いて「Heavy」。

厚さは約1、0ミリです。

このくらいになるとハッキリとピックの硬さが認識できるくらいで、中音域や低音域がよく出てきます。

少ない力で軽くピッキングしてもある程度しっかりした音になりやすいですし、しなりが少ないので速弾きにもむいています。

アタック感があり、エッジが効いた音になりやすいので、ロックやメタル系のギタリストがよく使っています。
僕もエレキはほとんどこの厚さです。

悪いところは何を弾いても音が固くなりやすいところですね(汗)

 

 

m_fender20extra20heavy20pick-5b0ee

 

 

最後は「Extra Heavy」です。

厚さは約1、15ミリ。

ここまでくるとかなり好みが分かれるところでしょう。

「Heavy」との違いは0、15ミリですが弾き比べてみると全然違います。

「Heavy」のアタック感やゴリっと感をもっと強くした感じになるので、この厚さが嫌いな人は本当に嫌いです(汗)

その反面、好きな人はものすごく好きですけどね。

 

 

もっと細かく分類

 

 

ミディアムやヘビーなどの分類ではなく、もっと細かくミリ数を分けているメーカーもあります。

例えばこれまた有名な、ジムダンロップ社のピック「トーテックス」。

 

 

m_jim20dunlop20tortex200-60mm-c16ac m_jim20dunlop20tortex200-73mm-6755e

 

 

こちらはこんな感じでピックに直接ミリ数が書いてありますね。

このタイプのピックも非常に多いです。

ピックの材質や形による違いも大きいですが、厚さでもより細かくサウンドや弾き心地を追求できるようになっています。

 

他には2ミリや3ミリ、果ては5ミリなんていう厚さのピックもあります。

僕も試しに使ってみたことがあるのですが、全然気に入りませんでした(笑)

こういうものになってくると明確に「何がしたいか」、「自分のプレイスタイル」、「求めているサウンド」がある場合がほとんどですので、メインでその厚さのピックを使用している人は極わずかでしょう。

 

ちなみに僕は厚さでいうと、

アコギでは0、5ミリ〜0、8ミリくらいのピックを使います。
アコギのギターソロでは1、0ミリくらいのものを使う時もあります。

エレキでは基本1、0ミリで、場合によっては0、8ミリくらいのものも使います。

その他、形や材質もその時々の出したい音によって変えますが、すべて色々なピックを試してきた結果ですので、使ったことのないものはどんどん試しましょう!

 

ではでは、今回もありがとうございました!

 

次回はピックの材質編を書きたいと思います。

 

 

次回もよろしくお願いします!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

北浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

 

 

【関連記事】

音が劇的に変わる!ピックの選び方 〜第一回 ピックの形と交換時期〜

音が劇的に変わる!ピックの選び方 〜第三回 ピックの材質〜

音が劇的に変わる!ピックの選び方 〜番外編 同じピックでも結構違う〜

 

カテゴリー:ギター小物の話