こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

今日はちょっとコラム的に書いてみようかなと思います。

お題は、

「ギター初心者ってギターを始めてからどのくらいのことを言うのか」

です。

前回まで「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲」のまとめ記事を書かせていただいていましたが、今日の内容はそれにも絡んでくるかと思います。

 

それでは少しづつ解説していきたいと思います!

 

 

 

〜初心者向けの曲と紹介されていたのに全然簡単じゃない!〜

 

 

 

これはほとんどの方が経験されることかと思います。

レッスンでも実際に多く質問を受けますしね。

 

ギターを始められる非常に多くの方は(全員と言ってもいいくらい)、何か曲を弾いてみたいと思ってスタートされます。

その後ほとんどの方は「ギター初心者向けの曲」とか「ギター 簡単な曲」などで検索されるんですね。

「初心者向けギター曲集」などの楽譜も売っていますから、そういったものを購入される方もいらっしゃいます。

例えばこういったもの)

https://amzn.to/2RJ11gl

 

そして曲を選んで弾いてみると、、、、、、

 

「初心者向けの曲のはずなのに、ものすごく難しいんですけど!!」

 

となります(笑)

 

これは僕も経験がありますし、おそらく誰しもが一度は思うことなのではないでしょうか。

しかしそういったところで紹介されているものが

「実は嘘で、本当は初心者向けではない」

ということではありません。(まあ中には少数なら「嘘」が含まれているかもしれませんが(汗))

 

これは一体どういうことなのか。

それはおそらく「ギターが弾ける人から見た初心者」と、「ギターをこれから弾けるようにしていこうという人から見た初心者」という認識が違うためだと僕は思います。

 

 

 

〜ギターを始めてどれくらいまでが初心者?〜

 

 

 

明確な取り決めがあるわけではありませんし人それぞれラインは違いますが、

「ギターを始めて2〜3年未満は初心者という枠にくくられる」

と思います。

 

「えっ!?そんなに長いの?」

 

と思う方も多いかもしれませんが、実際にそうだと思います。

 

他のものと比べてみると分かりやすいかもしれません。

例えば「スポーツ」。

「野球」や「サッカー」などすべてのものに「プロ」がいます。

学校の授業や部活動などもあり、競技を体験したことのある人も多いかと思いますが、始めてしばらくは「初心者」と言えるのではないでしょうか。

始めた時期は同じでも、「毎週1回地区のサークルなどで練習している人」と「毎日部活動に励んでいる人(朝練も有りなど)」ではやっぱり上達の速度は大きく変わってくるわけです。

そしてこういった人たちも「プロ」のプレーを真似ようとすれば、出来ることもあるけれどクオリティが違ってきたり、毎回成功するわけではなかったり、今はまだ絶対に不可能なことなどが出てくると思います。

他にも例えば「料理」。

これも「プロ」と「一般の方」では同じものでも内容が違ってきます。

「味」「盛り付け」「食材の選び方」「調理方法」などなど、修行をしてきたからこそ会得できることがあると思います。

カレーや肉じゃがなどの身近な料理を比べてもプロの味とは差がありますし、「〇〇風××の△△仕立て 〜⭐︎⭐︎のソース〜」のような「どうやって作ってるのそれ!」みたいなものは普通の人は作れないと思います(笑)

街の定食屋さんで普通の定食を注文しても「この味どうやって出してるの?」みたいなこともあるわけです。

 

なんとなく伝わりましたでしょうか?

ギターもこれと一緒で「プロ」が演奏していますから、同じ演奏をしてもやっぱりクオリティが違ってくるんですね。

もちろん「プロ」とはいえみんな最初は初心者。

楽しくも苦労して毎日練習に励みながら技術を習得してきた人ばかりです。

ですので「特別な才能」なんかなくても絶対に誰でもギターが上手く弾けるようになります。

ただ「世の中の曲を弾けるようにする」ということは「プロが演奏している曲を弾けるようにする」ということですから、最初はあまり焦らずに少しづつ取り組んで、クオリティを上げるにはある程度年季も必要だということをご理解いただければと思います。

 

 

 

〜完成形と比べて落ち込まないようにしよう!〜

 

 

 

これも多くの方が経験することだと思いますが、「楽譜通りに弾いているはずなのに音が全然違う」「CDの音がどうやっても出ない」などの問題です。

「楽譜が間違っているんだろうか、、、、、」「間違った弾き方をしているんだろうか、、、、、」と不安になる方も多いのですが、ご安心ください。

普段皆さんが聴いている曲というのは「プロが演奏した一つの完成形」です。

正直そう簡単にはそのクオリティになりません(汗)

地道な練習が必要です(^^;;

とは言っても本当に間違った弾き方をされている場合もありますし、同じ音を出すためには弾き方のコツやポイントがありますから、お気軽にレッスンにお越しいただければ正しいことをお伝えできるかと思います。

 

そしてここでもったいないのは、なかなか同じ音が出ないから「自分には才能がないんだろうか、、、、、」と思い込んで落ち込んでしまう方です。

「以前独学でギターを弾いていたが全然弾けるようにならなかったので辞めてしまったが、また始めてみようと思いレッスンに来た」という方もそこそこいらっしゃるのですが、多くの方が「自分、才能ないんですよ」と不安がっておられます。

でも実際は皆さん才能ありました(笑)

僕、結構音楽的才能はなくて、努力でカバーしてきた派なのですが(周りからも言われる)、

「僕よりも、この人全然才能ある!!」

という方、結構多いんですよ。

ですのでレッスンで実際にこのことをお伝えすると意外な顔をされる方が大勢いらっしゃいます。

自分には向いていないと思ってギターを弾くのを諦めてしまったという人は結構多いんだろうなあ、もったいないなあといつも思います。

僕の場合は自分が苦労してきた派の人間なので、課題の解決方法やポイントがわかるんですよね。

それがレッスンに活きているので、結果としては苦労して良かったのかなあと思っています(笑)

 

 

といったところでまとめると、

平均してギターを始めて1曲目にチャレンジした曲は弾けるようになるのに2〜4ヶ月ほどかかります。(曲の難易度や練習時間がとれるかなどで差はあります)

さらにどうしても難しくて弾けない部分や、スムーズにいかない箇所もほぼ必ずあります。

それを何度も繰り返し、2曲目、3曲目、4曲目、、、、、と進むにつれてギターにも慣れ、だんだんと技術が上がってきます。

そして「このくらいの難易度の曲だったら頑張ればほとんど完璧に弾ける!」という状態になるのに、ギターを始めてから2、3年かかります。

これが「ギター初心者向け曲」ということです。

 

どうでしょう?

ご理解いただけましたでしょうか?

 

ですのでギターを始めて2、3年くらいではスムーズに弾きこなせない曲というのも、世の中にはたくさんあります。

奥が深いですね〜(笑)

ただ何度も言っていますが、技術的に高いレベルの曲が良い曲ということではありません。

演奏することは比較的簡単なのに、とても良い曲も世の中にはたくさんありますから。

 

 

一般の方は高校や大学を受験するときにものすごく勉強すると思います。

就職活動もものすごく頑張るでしょうし、就職されてからもお仕事を頑張るわけです。

僕たちミュージシャンはそれと同じくらいの時間を「音楽」に費やします。

ですから、なかなかCDと同じ音が出せなくても落ち込む必要は全くありません!!

逆にすぐ出されてしまったら、僕ら困りますから(笑)

 

頑張れば必ず全員がギターを弾けるようになりますので、できるだけ楽しく演奏していきましょう!

プロになりたい!!という方でなければ、楽しくマイペースに練習していくのが一番かと思います。

 

是非皆さんも、ご自分のお好きな曲が演奏できるように地道に頑張ってくださいね!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲