こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター&アコギ編、ちょっと珍しい曲をご紹介してみようと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜妖怪しりとり〜

 

 

 

 

 

 

NHK、「おかあさんといっしょ」の「妖怪しりとり」です!

 

おそらく多くの方が「おかあさんといっしょ」はご存知だと思います。

うたのお兄さん「横山だいすけ」さんと、うたのお姉さん「三谷たくみ」さんが歌われるこの曲は、子供達に大人気なのだそうです。

僕も小さい頃は「おかあさんといっしょ」をよく見ていましたが、大人になってからはなかなかご縁がなく、最近の事情は全く知りませんでしたが、この曲が流れると子供達は大合唱を始めたりするそう。

僕は子供大好きですが、子供のパワーってすごいですよね。

 

この曲をリクエストされた生徒さんは、幼稚園に通うお子さんを持つお母さんでした。

お子さんの幼稚園で大人が子供たちに向けて出し物をするというお遊戯会のようなものがあり、それの発表でこの曲をギターで演奏することになったそうです。

ギターを始めて1曲目、そしてこの曲は以外と難しいので苦労されていましたが、少しづつ弾けるようになっておられました。

この曲の楽譜はなかったので僕が耳コピさせていただいて採譜した曲のコード譜をお渡しし、レッスンを進めていった形です。

そういった需要ももちろんOKですので、気になっている方は是非お気軽にご相談くださいね!

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

原曲は「グレッチ」か何かのハコモノのギターっぽいサウンドが響いています。(1番と2番の間の間奏ではビグスビーっぽいアームビブラートがかかっていますし。)

曲のリズムもハネていますし、ロカビリーっぽいアレンジもできる曲なのでハコモノギターのサウンドは合いますね。

原曲のアプローチはベーシックなコードの形を基本にして所々音を足していったり、カッティングをしたりしています。

歯切れの良さが大事なのでブラッシングとのメリハリをつけたり、スタッカートのところは音をしっかりと切っていけるようにしましょう!

とはいえこの曲をバンドセットなどの中でエレキギターで演奏する機会もなかなかないのではないかと思いますので、大半はアコギでの弾き語りではないでしょうか。

その場合も基本のコードや注意ポイントは変わらないので、ハネのリズムを右手でしっかりとキープしていくことや音のキレに注意していきましょう。

「テンポも速い」、「バレーコードも出てくる」、「リズムもハネている」、という曲なので、ギターを始めてすぐの頃にチャレンジするのは結構難しい曲ですが、難易度の高い曲というわけではありませんので、少しギターに慣れてきていれば初心者の方もチャレンジしていけると思います。

お子さんと触れ合う機会が多い方は是非、一緒に楽しんでみてください!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

どういった曲でも基本的にコードはありますので、弾き語りなどでも演奏していくことは可能です。

弾いてみたい曲などがありましたら、是非チャレンジしてみてください!

思ったより簡単な場合もあると思いますし、思ったより難しい場合もあると思います(^_^;)

 

それも含めて音楽を楽しんでいきましょう!

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

初心者向けエレキギター&アコギ練習曲まとめ 〜その27〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲201〜250