こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、重いサウンドがたまらない曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜KiLLiNG ME〜

 

 

 

 

 

 

「SiM」の「KiLLiNG ME」です!

 

激しく重い、疾走感のある曲で、好きな人は一瞬で心を掴まれると思います!

もちろん僕は大好きです(笑)

この曲は2011年にリリースされた「SiM」の通算3枚目のアルバム「SEEDS OF HOPE」のリードトラックとして1曲目に収録されており、PVも制作されています。

先ほどご紹介させていただいた映像がそうですね。

「KiLLiNG ME」のタイトルの表記から、もしかしたら気づかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、「SiM」はバンド名に引っ掛け、作品名、曲名にアルファベットの「i」が含まれるものは殆ど小文字表記にしています。

面白い特徴ですよね。

他にも「SiM」の大半の楽曲は、「一音下げドロップCチューニング」というかなりのダウンチューニングを基調としているためヘヴィな曲が多く、それもバンドの大きな特徴の一つとなっています。

このサウンド感が気に入った方は是非他の曲を聴いたりアルバムを聴いたり、掘り下げていってみてくださいね!

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

先ほど「SiM」の特徴と書かせていただいた通り、この曲のチューニングも「一音下げドロップCチューニング」です。

まずはチューニングからですね。

レギュラーチューニングから全ての弦の音を全音下げ(6弦から順番にDGCFADにする)、さらに6弦の音だけを全音下げてDからCにしていきましょう!

これでチューニングは完成です。

曲全体としてはフレーズはわかりやすく、オクターブ奏法やパワーコード、ブリッジミュートのフレーズで構成されているため、練習はしやすいかと思います。

ただテンポがすごく速い(♩=202)ため、慣れていない方はそこに苦労するでしょう。

あとはサウンドのメリハリが勝負なので、休符の部分でしっかりと音を止めたり、ピックの当て方や握り方、力加減に気をつけて太いサウンドを出せるように心がけていってください!

そして人前で演奏する時は特に弾く姿、立ち振る舞いにも気をつけてください!

この曲を棒立ちで弾く方が逆に難しいかもしれませんが、アクションがないとカッコよくならないと思いますので(^^;;

フレーズはわかりやすいのですが、テンポの速さやその他色々な面で、初心者の方もチャレンジできる曲とは言いにくいかもしれません(汗)

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

この曲をリクエストされた生徒さんは、いかつい男性を想像されるかもしれませんが、小柄な女子大生の方でした。

もう5年以上前になるかと思いますが、「サークルのライブで披露することになったので、しっかりと習いたい」とレッスンにお越しになられ、今も通っていただいています。

女性の方がこんな曲をバリバリ演奏していたら、ものすごくかっこいいですよね!!

サークルのライブもなんとか成功されたということでした(^-^)

 

是非、男性の方も女性の方も、ギターにご興味のある方は一度始めてみていただければと思います!

最初は苦労することもありますが、弾けるようになるとものすごく楽しいですよ!

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲251〜300