こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や浦和、武蔵小杉など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日は教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

約2ヶ月のブログ更新になってしまいましたが(^^;;、その間に間もなく夏が終わろうとしています。

今日はエレキギター&アコギ編、そんな夏の終わりを歌った名曲のご紹介。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜若者のすべて〜

 

 

 

 

 

 

「フジファブリック」の「若者のすべて」です!

楽譜はこちらから)

・1曲

https://amzn.to/2m2uwy6

・アルバム

https://amzn.to/2m2v4nE

 

2007年11月7日にリリースされた「フジファブリック」の通算10枚目のシングルで、フジファブリックの代表曲のひとつ。

日本の夏の代表曲&名曲でもあります。

作詞作曲者であるバンドのフロントマン「志村正彦」さんによると「夏の終わりの最後の花火大会が終わった後の切なさや虚しさなど、感傷的になり考えてしまう所を歌った曲」とのこと。

2018年7月26日より、LINEモバイル「虹篇」のCMソングとしても起用されていましたので、聞いたことのある方も多いかと思います。

メロディ、歌詞、アレンジとどれを取っても素晴らしい名曲ですので、もし知らない方は是非聴いてみてください!

こちらから購入できます)

https://amzn.to/2mpjxib

 

その中でも特に素晴らしいのは歌詞でしょう。

過去の美しい情景、未来への不安や期待などといったものが、叙情的な歌詞によって繊細に映し出され、あっという間に曲の世界観に引き込まれていきます。

曲のタイトルを「若者のすべて」にしたところもすごいですね。

若者のすべてという歌詞は曲の中には一切登場しないのに、このタイトルでどういった曲であるかがものすごく説明されている感じです。

歌詞の世界観に浸りながら、アレンジやメロディの美しさを是非堪能してみてくださいね。

 

そしてこの曲は今年2019年、今一度注目されました。

それは2019年8月9日金曜日放送の「ミュージックステーション(Mステ)」にフジファブリックが出演し、この曲「若者のすべて」を演奏したからです。

Mステにフジファブリックが出演するのは、2004年のメジャーデビューから15周年を迎えますが初めてのこと。

バンド結成の中心人物で、在籍時は全曲の作詞と大半の作曲を行っていたフロントマン「志村正彦」さんが2009年に急逝されてから10年目でした。

生前、志村さんが残されたノートに「ミュージックステーションに出たい」と書いてあったそうです。

Mステの演奏では特別な演出として、現フジファブリックの演奏に合わせて生前の志村さんの映像と声が流され、演奏がリンクするという試みがなされました。

約10年越しの共演、この試みに感謝したファンは数え切れないでしょう。

映像があるわけではありませんが「NEVERまとめ」に概要が記されているので、もしよろしければご覧になってみてください。

 

〜志村正彦とともに、、、Mステ『若者のすべて』披露のフジファブリックに感動の声〜

 

志村さんは生前、若者のすべてリリース時のインタビューで「この曲は進みだしてしまわなきゃいけないっていう曲です」と語っておられたそうです。

夏の名曲としてカヴァーされることも多い「若者のすべて」ですが、これからも様々な想いの中歌われていくのではないでしょうか。

 

〜フジファブリック、志村正彦と山内総一郎が『Mステ』でともに”若者のすべて”を歌った日 (rockin’on.com)〜

 

 

それではこの曲のギタープレイについてです。

原曲のはアコギが1本とエレキギターが2本ほどレコーディングされています。

どのパートも弾くだけならそれほど難しくはありませんので、ギター初心者の方もチャレンジしやすい曲だと言えるでしょう。(とはいえこういった曲は演奏の安定度が何よりも重要なので、良く聴かせるにはある程度の熟練は必要です)

アコギパートは少しのゆったり感を出すために、8分音符をダウンアップで交互にストロークしていくと良いと思います。

バレーコードは少し登場しますが、基本的には「G」「D(onF#)」などといったオーソドックスで比較的押さえやすいコードが多いので、ギター初心者の方も是非頑張ってチャレンジしてみてください!

エレキギターパートはブリッジミュートでの刻み、トレモロのエフェクターを掛けてのコード弾き、サビではオクターブ奏法と、曲を彩るプレイが満載です。

エフェクターはないようなら大丈夫ですが、お持ちの方はセッティングも含めてサウンドを研究してみてくださいね。

間奏やラストサビでは山内さんが得意とされるボトルネック(スライドバー)を使用したフレーズが登場します。

ボトルネックなしでもスライドで代用して弾くことはできますが、ボトルネックは800円くらいから購入できますので、是非正式に習得していきましょう!

ボトルネックはピッチが肝なので、音程にはものすごく気をつかって正確に保てるようにしてください!

エレキギターパートもそれほど難しいフレーズは登場しませんので、正しい弾き方さえわかればギター初心者の方もチャレンジしやすい曲だと思います!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

もうすぐ夏が終わり、秋に入ってくるかと思います。

それぞれの季節の曲を弾いて楽しむのも風情があると思いますので、そういった練習曲の選び方もアリかもしれませんね!

 

気になる曲がある方は是非お気軽にご相談くださいm(_ _)m

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

埼玉
東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

北浦和ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450