こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や横浜、松戸など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、最近リメイクされ話題となった、あのオオカミバンドの曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜FLY AGAIN〜

 

 

 

 

 

 

「MAN WITH A MISSON(マン・ウィズ・ア・ミッション)」の「FLY AGAIN」です!

楽譜はこちらから)

・アルバム

https://amzn.to/2RY1kX1

・FLY AGAIN 2019

https://amzn.to/2EdLY8z

 

先程ご紹介させていただいたMVからもわかるように、その外見から「オオカミバンド」と俗称される事もある「マン・ウィズ・ア・ミッション」は日本の5人組ロックバンドで、頭はオオカミ、身体は人間という外見の究極の生命体5人で構成されるという設定。

「MWAM」や「マンウィズ」などの略称で呼ばれています。

音楽ももちろんかっこいいのですが、強烈なインパクトの見た目がまず印象に残るという方がやっぱり多いですね。

公式設定としては、19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体とされています。

ジミー自身はギターを趣味としていたことで、音楽の能力がプログラミングされたとのこと。

「ジミー・ヘンドリックス」って、もう完全に「ジミヘン」ですね(笑)

「ジミヘン」がよくわからない方は、以前のブログ記事ももしよろしければご覧になってみてくださいm(_ _)m

これは知っておかないと!ギタリスト列伝 〜ジミ・ヘンドリックス〜

ちなみにライブでの登場SEには「バッド・レリジョン」の「Man With A Mission」というバンド名と同名の楽曲が使用されており、さらにこの曲「Man With A Mission」が収録されているアルバム「Recipe For Hate」のジャケットにはマンウィズのメンバーと同じく頭が狼になっている人物が2人描かれています。

せっかくですので「バッド・レリジョン」の「Man With A Mission」もご紹介させていただきますね。

是非、ジャケットにも注目してみてください。

 

 

 

 

バンドの説明が少し長くなってしまいましたが、話を戻しますと、この曲「FLY AGAIN」は2011年6月8日にリリースされた「MAN WITH A MISSION」の2枚目のアルバム(フルアルバムとしては1枚目)、そしてメジャー1stアルバム「MAN WITH A MISSION」に収録されている楽曲で、バンドを代表する曲となっています。

2011年4月6日に発売したインディーズ唯一のシングル「NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES(ネヴァー・ファッキン・マインド・ザ・ルールズ)」にも収録されており、このシングルは2029枚限定(「におうにく=臭う肉」との語呂合わせ)で発売されました。

メジャーリリースにあたって「FLY AGAIN」はMVが制作され、tvk「Mutoma」2011年6月度テーマソングおよびテレビ東京「ゴッドタン」2011年6月度エンディングテーマにそれぞれ起用されています。

今年2019年にはこの「FLY AGAIN」を生まれ変わらせた「FLY AGAIN 2019」が制作され、2019年4月29日に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」内で流されることとなりました。

ドラマ「ラジエーションハウス」の主題歌は同じくマンウィズの曲「Remember Me」ですが、先ほどの試みはMAN WITH A MISSIONが毎月29日に「プレミアムミートデイ」と題し「肉の日」を記念して行っている企画の一環で、ドラマの放送に併せて、「FLY AGAIN 2019」の配信もスタート。

「FLY AGAIN 2019」は、ラグビー国際大会「スーパーラグビー」日本チーム・ヒト・コミュニケーションズサンウルブズ2019シーズン公式テーマソングにも起用されています。

中古ならアマゾンで数百円で購入できます)

・MAN WITH A MISSON

https://amzn.to/2PkL14N

・FLY AGAIN 2019

https://amzn.to/35i9XPJ

 

ドラマで流れたことでこの曲を知ったという方もいらっしゃるようですが、さらに今年、第一興商のカラオケ・システム”DAM”の最高位機種”LIVE DAM Ai”(ライブ ダム アイ)の新TVCM「渡辺直美 × FLY AGAIN 2019」篇が、11月22日より全国で順次放送されています。

“LIVE DAM Ai”の新機能”音声認識操作”で、楽曲予約やミュージック音量などを音声で操作し、さらなる盛り上がりを表現しているというこのCM、目にする機会も多いですよね?

これでますますこの曲の人気が出そうですね!

 

 

 

 

それではこの曲のギタープレイについてです。

原曲にはエレキギターが3本ほどレコーディングされていますが、基本的には2本のパートで成り立っています。

一人で演奏する際はオイシイところを組み合わせていく感じかと思いますが、バンドで演奏する際もギターが1本いればある程度再現できるでしょう。

パワーコードのリフが多く登場し、あとは単音弾きで難易度もそれほど高くはありませんが、16分の裏のリズムや休符が多いので、そのタイミングはしっかりと取れるようにしていきましょう!

シンプルな曲だからこそ、そういったことができていないとかなりカッコ悪くなってしまいます(^^;;

間奏明けはアルペジオを一定に弾くフレーズですが、ここは1音でもミスをしてしまうと演奏が台無しに(汗)

意外とこういったアルペジオを弾いてみると、できると思っていても毎回最後までミスなく安定して弾けない、、、、、、と自分の技術不足に気づいたりするかもしれませんので、シビアに練習していきましょう!

自分の演奏を録音してみると、思いのほか音の粒が安定していなかったり、コードチェンジの時にノイズが出ていたりと、新たな発見があるかもしれません。

本当に録音はオススメです!

サウンド的にはワーミーやディレイなどのエフェクターがあると曲の再現度は高くなります。

しかしながらワーミーは使う機会はあまり多くはないと思いますし、値段も結構高いので、もしお持ちの方は音作りやペダルを踏むタイミングなども研究してみてくださいね!

逆にこういった機会がないとなかなかワーミーは買わないと思いますので、この際思い切って買ってしまうのもアリかもしれません(^^;;

僕も昔、そういうタイミングで購入しました(笑)

是非、音作りもこだわってみてください!

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

今年も残すところあと2週間ちょっと!

駆け抜けていきましょう!

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450