こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や横浜、浦和や松戸など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、初紹介のバンドさんの曲です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜MONSTER DANCE〜

 

 

 

 

 

 

「KEYTALK(キートーク)」の「MONSTER DANCE(モンスターダンス)」です!

楽譜はこちら)

https://amzn.to/3aOORuq

 

この曲は2014年10月22日にリリースされた「KEYTALK」のメジャー3枚目(通算6枚目)のシングルで、初のタイアップが付いた作品となりました。

先程ご紹介させていただいた映像はこの曲のMVで、ファンをエキストラとして動員してライブハウスで撮影されたもの。

MVを見ていただくとわかりますが、ファンが曲の全編にわたって作り込まれた「振り付け」を踊る様は一体感を感じさせますね。

この曲の主役はファンだということで、YOUTUBEにアップされているライブ映像などでもコメント欄に「この曲の主役はメンバーじゃなくてファンだから、カメラマンの方はもっとファンを映すべき」というコメントも見受けられます。

曲の作りもアップテンポで、曲の展開も変わってはいきますが全体を通して楽しめるものになっており、曲の中にキメや合いの手が多く、歌詞の中にも「踊れ」「騒げ」といった言葉が多く登場することもあって、非常にノリやすい曲に仕上がっています。

「フェスに行ってこの曲を聴いていたら、隣の人が急に踊りだしてビックリした」という体験をされた方もいらっしゃるとか(笑)

MVを観た時に、「ライブに行くなら、このフリを完コピしないといけないの!?」と思う方もいらっしゃるようですが、ライブ映像を見る限り思い思いに楽しんでいる方も多い感じがしますので、それぞれが楽しめれば良いのではないでしょうか?(もちろん完コピされるファンの方もいらっしゃるとは思いますが)

 

そしてこの曲「MONSTER DANCE」は、2017年7月20日から9月10日にかけて行われた「夏フェスティバル♪KEYTOBU」と題した東武鉄道とのコラボレーションにより、東武東上本線川越駅の上りホーム1番線で発車メロディとして使用されていたそうです。

他にも、JVCヘッドホン「ぴたスマ」CMソングとしてタイアップがつき、シングル2曲目収録の「エンドロール」はNTTドコモ“dヒッツ~月を見ながら聴きたい曲篇~”CMソングとしてタイアップがつきました。

せっかくですので、少しご紹介させていただきますね。

 

 

 

 

 

 

それ以外にも、3曲目「FREEDOM」、4曲目「O型」と、合計4曲が収録されている作品ですので、ご興味がある方は是非聴いてみてくださいね!

中古ならアマゾンで数百円で購入できます。)

https://amzn.to/35jWwj5

 

それではこの曲「MONSTER DANCE」のギタープレイについてです。

原曲にはエレキギターが3本ほどレコーディングされています。

イントロやギターソロでは、ギター2本でハモっているフレーズも多く登場しますので、バンドで演奏する際にギターパートが足りない時は目立つ方を弾いていきましょう。

ギター一人で演奏する際は、各パートのオイシイところを組み合わせていきましょう!

この曲をレッスンでリクエストされたのは、ギターを始めた時から3年ほど通っていただいている高校生の生徒さんで、この曲を文化祭で演奏したいからとのことでした。

青春ですね〜(^^)

なかなかに難しい曲で、しかもギターがその生徒さんお一人ということだったので、できるだけ曲を再現できるようにそれぞれのパートを上手く組み合わせたため、難易度が更に上がってかなり苦労されていました(汗)

しかしながら最終的には何とかなり、無事に本番を終えて「とても楽しかったです!」とのことでした(^^)

バレーコードは当たり前に登場する曲で、よく「初心者の壁」とも言われるバレーコードですが克服してしまえば全く問題は無くなって、楽に弾けるようになる時がくるはずです。

バレーコードで手こずっていては全く弾けるようにはならない曲なので、ある程度スムーズに弾いていくにはギター歴が3年ほどはあった方が良いのではないかと思います。(もちろん練習時間など、個人差はありますが)

チョーキングの音程、休符やスタッカートのキレ、ブレイクなどをしっかりとこなし、お客さんをノせていけるようにしましょう!

非常にノリの良い曲なので、ライブで演奏する際は自分の演奏でいっぱいいっぱいになってしまわずに、できるだけお客さんの方を見て動けるように心掛けてくださいね!

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

今は家に引き込もらないといけない時期ですが、そんな中でもできるだけ楽しみを見つけていきたいですね!

MVを観たり、ギターを弾いたり、できるだけストレスを解消していきたいところです。

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450