こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

今日はさらっと音楽理論の話をしてみようかと思います。

教室に来ていただいてる生徒さんは、
「ギターを始めたいけど何からやれば良いのか分からない」
「純粋に指がもっと動くようになりたい!」とか、

「あの曲をどうやって弾いたらいいのか分からない」などの
演奏技術を求めている方が多いのですが、

それと同じくらい多いのが、
「音楽理論を知りたいけど本を読んでもよく分からない」とか
「作曲やアドリブをしたいけどそれには音楽理論が必要だと考えて」などの
いわゆる

 

「理論」

 

を知りたいという方々です。

実際、理論を覚えても「それをどうやって演奏に生かすか」はまた別問題だったりします。

音楽学校などでも理論を教えて「じゃあ後は各自で研究してね」で終わりだったりとか(汗)

みたいなこともありますが、さらに踏み込んで親切に教えてくれるかは正直先生次第だったりもします。

学校だとどうしてもカリキュラム中心になるので、一定期間で次の項目に進まないといけないという制約もありますしね。

そこを一人一人の生徒さんが理解できるまで、演奏できるようになるまで、それぞれが知りたいことにできるだけ特化してレッスンが行えるのが、うちのようなマンツーマンレッスンの教室の強みだと思います。

 

目の前で実演しながら解説もできませんし、文章でどれだけ伝えられるかわかりませんが少しづつ書いていきまーす!

 

もちろん理論に興味のある方は書籍も色々出ていますので、読んでみるのも良いと思います。ただ、「うっすらなんとなく理解したような、、、」という状態で、実際の演奏で使うことができないという方がものすごく多いので、ちゃんと理解している人に補足説明してもらうのが一番良いでしょう。)

https://amzn.to/2KobDQO

 

 

 

初歩の初歩!CDEとドレミ

 

 

 

第一回ということで、むちゃくちゃ初歩の初歩から行きたいと思います。

初歩や基本というのは簡単だからというよりも、それが重要だから最初にやるんですね。

今回の内容はご存知の方も多いかもしれませんが、基本をよく分からないままとばすと後から全く理解できなくなる危険性があるので、しっかりおさえておいてくださいね!

ギターを弾いていると楽譜などでよく目にするCDEなどのアルファベットはドレミでいうと何の音を表しているかご存知でしょうか?
これらは言語が違うだけで実は同じ意味です。

表にするとこうなります。

 

 

イタリア語   ド レ   ミ  ファ  ソ   ラ シ ド

英語      C  D  E  F   G    A    B    C

日本語     ハ   ニ ホ   ヘ  ト   イ   ロ ハ

 

 

はい、いかがでしょう?

 

一番なじみがあるドレミはイタリア語なんですね。

ですので、例えばCの音というと「ド」の事ですし、Aの音というと「ラ」になります。

コード(和音)とかですと少し意味は変わりますが、例えば「C」というコードは「ド」の音を基本にしたコードという感じです。

チューニングもレギュラーチューニングだと

 

6弦 E(ミ)
5弦 A(ラ)
4弦 D(レ)
3弦 G(ソ)
2弦 B(シ)
1弦 E(ミ)

 

ということになります。

 

これが分かれば初心者の方もチューニングの時や弦交換の時に、1弦の音を合わそうとして
「あれ?EじゃなくてGって表示されてるな、、、、もう少しペグ回してみるか」

「あれ?今度はGがBになった、、、、、もう少し回してみるか」

「あれ?今度はC♯だって、、、、もう少し回して、、、、、プチッ!!」

なんて音を高くしすぎて弦を切ってしまうこともなくなるのではないでしょうか。

初心者あるあるですね、、、、、、、僕も昔は一回の弦交換で3回も1弦を切ったことがあります(汗)

懐かしい(笑)

音楽の授業なんかでも、

先生 「この曲はハ長調です。」

僕 「ハ長調って何??」

という記憶がありますが、ハ長調は日本語なんですね。

言い換えると「Cメジャーキー」になります。

こちらの方が馴染みがあるのではないでしょうか?

まずはこの基本をしっかり理解しましょう!

 

ちなみにドイツ語だと、
C(ツェー)、D(デー)、E(エー)、F(エフ)、G(ゲー)、A(アー)、H(ハー)

と読み方が変わります。
BもHに変わりますね。

 

この読みは管楽器系の人がよく使います。

 

ややこしい、、、、、、、(汗)

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜ルートを知ろう〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜6弦ルートのコード〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜6弦ルートのコード 問題編〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜5弦ルートのコード〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜5弦ルートのコード 問題編〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜オンコード、分数コードとは〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜オンコード、分数コード 問題編〜

 

カテゴリー:ギター音楽理論