こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日は教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲コーナーです!

 

もうすぐクリスマス、今年も早かったですね〜。

クリスマスのご予定はお決まりでしょうか?
僕は仕事です(笑)

今年のクリスマスは、イブと合わせて土日ということで、どこのレストランなども例年より早く予約がうまっているようですね。

そしてやっぱりクリスマスには「クリスマスソング」が欠かせないと思いますが、本日はそんなクリスマスソングから人気のある一曲をご紹介したいと思います。

 

今日はアコギ編、それではいってみましょう!

 

 

 

〜恋人たちのクリスマス〜

 

 

 

 

 

 

「マライア・キャリー」さんの「All I Want for Christmas Is You」です!

日本だと「恋人たちのクリスマス」のタイトルで有名ですね。

1994年の楽曲ですがクリスマスに合わせて色々なところで流れるため幅広い世代に親しみがあり、なおかつクリスマスの時期にはこの曲自体の売り上げが伸びるという曲でもあります。

日本国内でもミリオンセラーを達成している曲であり、世界の国々で愛されている曲です。

楽譜はこちらから)

https://amzn.to/2N7yKBr

 

洋楽でミリオンセラーというのは本当にすごいです!

ちなみに今日、池袋の街中でも早速耳にしました(笑)

 

この曲をリクエストされたのは20代女性の初心者の生徒さんで、アコギでの弾き語りをご希望でした。

弾き語りをするためには、まずはアコギでしっかりと演奏できないとということで、ストロークを中心にコード進行を覚えていきました。

ストローク自体は一定のパターンなので、慣れてしまえばそこまで難しくはありませんが、ところどころ「E♭6」や「E7(♭9)」などのコードが出てきます。

日頃ジャズ系を良く演奏する方などにはおなじみのコードですが、初心者の方はあまり押さえたことのないコードだと思いますので、しっかりとフォームに慣れていきましょう!

僕も初心者の頃はこういうコードが出てくる度につまずいていました(汗)

こういう、いわゆる「テンションコード」というやつは難しいイメージがありますが、よく使われるコードに比べて登場頻度が少ないので「まだ慣れていない」だけです。

基本的なコードもギターを始めたばかりの頃は例外なく皆さん苦労されますが、テンションコードもそれと同じです。

そのコードを押さえることが「普通」になればいいだけなので、要はいっぱい押さえて「普通」にしましょうということですね(笑)

理論的なアプローチも考えると勉強も必要になりますが、とりあえず最初の段階で「コードを覚える」というだけならば、ガンガン弾きましょう!

 

他にもこの曲は色々なアーティストにライブで演奏されたり、カヴァーされたりもしている曲です。

毎度おなじみのこのコーナー。

最後に少しだけご紹介してみたいと思います。

 

 

 

 

こちらは「ジャスティン・ビーバー」さんが2011年に「恋人たちのクリスマス Duet with.マライアキャリー」として、マライアさん本人と共演したものです。

二人とも歌上手いなあ(笑)

 

 

 

 

「MR.BIG」のボーカルとして知られる「エリック・マーティン」さんのカヴァーです。

MR.BIGとはまた違ったポップなボーカルが聴けるのではないでしょうか。(MR.BIGもハードロックバンドとしては十分ポップな方だとは思いますが)

 

 

 

 

カナダのシンガー「マイケル・ブーブレ」さんのカヴァーです!

これぞカヴァーというようなアレンジが施されていて、メロディーやコード進行も変わっております。

ちょっと聴いただけだと違う曲のようですが、原曲の素敵なメロディーラインは残しつつも気持ちの良いバラードに仕上がっていますね。

 

 

ということで、いかがでしたでしょうか?

他にも様々なアーティストのバージョンがありますので、もし興味があれば探してみてくださいね!

 

クリスマスソングと一緒に、冬の時期をますます楽しみましょう!

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

素敵なクリスマスソング紹介!

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲1〜50