こんにちは!
東京、池袋を中心に、埼玉、千葉、神奈川など都内近郊30か所以上にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日は、最近流行りの「ネオソウルギター」なるものについて、書かせていただきたいと思います!

 

url

 

 

YoutubeやInstagramで日頃からギター動画を検索していれば、必ずと言っていいほど遭遇する「ネオソウルギター」。

名前を聞いたことのある方も多いと思いますが

 

・具体的にどんな音楽なの?

・そもそもネオソウルって何??

・有名な曲やギタリストは???

 

という話になると、ちんぷんかんぷん、、、(汗)

 

今回はそんな方のために、オシャレでナウいネオソウルギターの世界をご紹介させていただきたいと思います!

 

 

〜ネオソウルギターってどんな音楽?〜

 

 

百聞は一聴に如かず!
まずはネオソウルギターを代表する曲を聴いてみましょう。

 

・Tom Mish 「It runs through me」

 

 

・Masego & FKJ – “Tadow”

 

 

 

いかがでしょうか??

 

オシャレでナウでチルい感じがたまりませんね〜〜〜(笑)

好きな人もすごく多いジャンルで、作業中なんかに聴くとすごく捗ります(^^)

 

音楽のジャンルというのは自然発生的に生まれたものが多く、明確な定義がないことが多いので、曲を聴いて「こんな感じ」と認識するのが一番だと思います。

でも、それだけだと記事にならないので(笑)、ネオソウルギターの特徴を挙げるとするならば、

 

”  やや複雑なコードヴォイシング
クリーントーンを主体とした指弾き奏法
R&Bやヒップホップ由来のビート感”

 

などと表現されることが多いです。

この特徴を押さえておくだけでもネオソウルギターの雰囲気はある程度掴めるかと思いますが、もう少し踏みこむと、

 

“やや複雑なコードヴォイシング”の中でも
とくによく使われるコードが

 

◯m9

 

です!

 

実は先ほどご紹介させていただいた「Masego & FKJ – “Tadow”」の、一番最初のアルペジオのコードにもAm9が使われています。

押さえ方はコレ、

 

スクリーンショット 2021-06-09 10.28.00

 

マイナーコードの暗さを9thの音で中和しつつオシャレさもプラス。

ネオソウルギターらしいニクいコードです、、、。

 

また、”R&Bやヒップホップ由来のビート感”ってなんぞやという話ですが、「ロックやハウスミュージックのような正確なビートではなく、あえて少しずらしたビート」と捉えていただければ良いかと思います。

 

 

〜そもそもネオソウルとは〜

 

 

ネオソウルギターの特徴がわかってくると、次に気になるのが「ネオソウルってそもそも何?」という問題。

ここではネオソウルの起源と、代表的なアーティストについてご紹介させていただきます!

 

url_1

 

ネオソウルは90年代後半〜00年代初頭に現れた、R&B, ヒップホップの派生ジャンルです。

ソウルやファンクといった伝統的なブラックミュージックに、ヒップホップ的な感性がミックスされたグルーヴィーで都会的なサウンドは当時、非常に注目を集めていました。

それでは、ネオソウルの代表曲を見ていきましょう。

 

・D’Angelo – Brown Sugar (Official Video)

 

 

 

ンンンン、セクシー。。。

「D’Angelo (ディアンジェロ)」は、ネオソウルを代表するアーティストの一人です。

何重にも録音されたコーラスとグルーヴィーなビート、気の利いたオブリフレーズで楽曲を彩るオルガン、どれをとっても一級品。

夜、しっぽりお酒を飲みながら友と語り明かしたくなる一曲です。

 

・Erykah Badu – On & On (Official Video)

 

 

 

Erykah Baduもネオソウルを代表するアーティストの一人。

女性ヴォーカルのネオソウルも染みる、、、。

 

・Lauryn Hill – Doo-Wop (That Thing) (Official Video)

 

 

 

こちらはかなりヒップホップ色の強い一曲。

Laurynのタイトなラップと、ホーンセクションとの絡みは絶品です、、、。

 

そして、お気づきでしょうか?

実はネオソウル初期の曲にはギターが入っていない、あるいは入っていても補助的な役割のものがほとんどなんです。

では、なぜネオソウルギターなるものが生まれたのか。

これは諸説ありますが、先日のこのブログの「ギタリスト列伝のコーナー」でもご紹介させていただいた、「ジョン・メイヤー」の影響が大きいという説が有力です。

現在20代頃の多くのギタリストにとって、ジョン・メイヤーは最も影響力のあるギターヒーローと言っても過言ではありませんし、現在のネオソウルギター界を牽引する「Tom Mish」や「Isaiah Sharkey(D’Angelo のサポートギタリスト)」もジョンからの影響を公言しています。

また、ジョンのプレイスタイルの一つであるクリーントーンを主体とした指弾き奏法は、現代のネオソウルギターへの影響を強く感じさせるものです。

そう考えると現在のネオソウルギタリストにストラト愛用者が多いことにも納得できますね、、、。

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

本日はオシャレでナウい、ネオソウルギターの世界をご紹介させていただきました!

ネオソウルギターはまさに今旬のジャンルで、どんどん新しい音楽が生まれています。

YoutubeやInstagramで「ネオソウルギター」と検索すると、無数の演奏動画がアップされていることからも、その勢いが伺えます。

もし、今回の記事でネオソウルギターに興味を持ったという方は、是非体験レッスンにもお越しくださいね!

ネットに自分の演奏動画をアップしたりして、ネオソウルギタームーブメントの一員となってみるのもアリかもです。(流行っているということもあり、たくさんの人が見てくれるそうで、演奏しがいがあるという噂)

 

それでは、本日も、ご覧いただきありがとうございました!

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜