こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日は「業界用語」をご紹介するコーナーの第二弾です!

前回の業界用語コーナーは意外とというか何というか、好評でした(笑)

 

ですので、本日も音楽業界で使われる用語を少しご紹介してみようと思います!

 

 

 

〜何じゃそれ、業界用語!〜

 

 

 

それでは、いってみましょう!

 

 

・アーシャ

アー写(アーティスト写真)のことです。

様々な場面で用いられますが、

「このアー写かっこいいね!」

とか、

「アー写の撮影が、、、、、」

のような感じでしょうか。

 

 

・ゲネプロ

「General probe」の略で、「ゲネ」とも言います。

本番さながらの通しリハーサルのことで、曲の確認だけではなく本当に本番を想定して行います。

譜面をめくるタイミングは大丈夫かとか、楽器の持ち替えやセットの入れ替え等、曲と曲の間の時間は適正かという細かいところまで確認するために、できるだけ途中で中断せずにやりきります。

例えばリハーサル日程が本番までに3日ある場合、1、2日目は曲ごとの確認やライブでのアレンジ等を進め、リハ最終日の3日目の午後くらいから「ゲネ」ができるように進行していくことが多いです。

 

 

・MC(エムシー)

「Master of Ceremony」の略で、司会者を指す用語ですが、ライブ中のアーティストの喋りを指すことがほとんどです。

各楽器、このMCの間にチューニングを直したり、次の曲の準備をしていたりすることも多いです。

 

 

・アゴ、アシ、マクラ

アゴは食事代、アシは交通費、マクラは宿泊費を指します。

マクラは「ヤド代」とか、直接的に「ホテル代」とか言う場合も最近多いですね。

全部出ることを「コミコミ」とも言ったりします。

「アゴアシは出るんですが、マクラは出ないので日帰りで、、、、」

とか

「コミコミで〇〇円でお願いできますか?」

なんて感じで使いますが、地方にツアーで行って宿泊代が出ないなんてことはまずないですし、表現は場合場合によります。

 

 

・ギャラ

ギャランティーの略で、出演料や演奏料などの報酬のことです。

「今回のギャラは〇〇でお願いします」

という感じで使いますね。

 

 

・トッパライ

ギャラがその日のうちに支払われる、日払いのことです。

 

 

・前乗り

仕事の予定日の前日、もしくはそれよりも前に現地入りすることです。

「ツアーは◯月◯日からなので、新幹線(または飛行機)のチケット取りますけど、前乗りする方いらっしゃいますか〜?」

「あ、僕、たまたま仕事がないので2日前に入って、友達と会おうと思います。行きだけ◯月◯日出発で手配していただいても良いですか?」

「了解しました!」

みたいな感じで使います。

 

 

・テッペン

24時(夜中12時)のことです。

「今日はテッペン回りそうだな〜。」

という感じで使います。

たまにテレビのバラエティ番組でも、

「この収録、テッペンこえてますからね。」

と言っているタレントさんを見かけますね(笑)

 

 

・板付き

幕が上がった時に舞台上にいることを指します。

音楽業界だけでなく演劇などでも使われる言葉なのでそういう意味ですが、音楽業界の場合はライブのステージに幕がある場合はほとんどありませんので、SEが流れてから入場するのではなく、セッティングが終わったらそのままステージに残ってライブを始める場合などに、この用語を使うことが多いです。

「じゃあみなさん、セッティングが終わったらそのまま板付きでお願いします。」

みたいな感じですね。

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

まだよく使う用語がもう少しありますので、またご紹介してみたいと思います。

この二回の記事で、だいぶ用語が理解頂けたと思いますので、次も読んでいただければあなたも立派な業界人!

 

かもしれません(笑)

 

 

ではでは、本日もお読みいただいてありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

知ってると面白い?業界用語!

知ってると面白い?業界用語!3

 

カテゴリー:ギター雑談