こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター&アコギ編、昨日ご紹介させていただいた「3月9日」に続き「レミオロメン」の代表曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜粉雪〜

 

 

 

 

 

 

2005年発売、「レミオロメン」のメジャー7枚目のシングル「粉雪」です!

 

これまでの作品の累計売上を初動のみで更新し、最終的に累計売上は85万枚を超えたと言う曲で、「レミオロメン」の代表曲の一つです。

オリコンチャートで1位になることは残念ながらありませんでしたが、4位で初登場後も長くチャートインし続け、2位を4度も獲得しました。

2005年の11月に発売された曲ですがロングヒットしたことから、翌2006年の年間ヒットランキングでも2位の成績を収めています。

ちなみに2009年、レミオロメンが紅白歌合戦に初登場した際に歌われた曲であり、TSUTAYAで2013年6月時点までに最もレンタルされたシングルCDであるそうです。

 

 

「こなぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃ」と叫ぶように歌うサビが印象的な曲で、この部分がものすごく耳に残るという方が多いです。

インパクトが強くて、一回聴いたら忘れられませんよね。

この曲は恋人との別れを歌った曲として有名です。

素直になれなくて言いたいことが言えずにきてしまった結果、気持ちが離れてしまったんですね。

「粉雪」という言葉には、僕の個人的な解釈ですが「その恋の脆さや、はかなさ」、「雪の白さのように、素直で純粋な気持ちを持てばよかった」というような色々な意味が込められていると思います。

「失った」という直接的な表現は用いられていないので、実は喧嘩をしただけで別れてはいないのかもしれません。

その後反省して幸せになることができれば良いですね。

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

教室の生徒さんにはエレキギターで演奏された方と、アコギで演奏された方と、両方いらっしゃいました。

ですので「エレキギター&アコギ編」としています。

基本的なギタープレイはレミオロメンらしくコードバッキングが主なので、エレキギターもアコギもプレイ自体は変わりません。

ほとんどが8分音符でのストロークですから、ダウンピッキングでしっかりとリズムを刻んでいきましょう!

その際にアクセントはとても重要です。

それを無視するとコードも弾き方も合っていても、この曲の感じは出てきません。

「ジャン、ズン、ジャン、ズン、ジャン、ズン、ジャズーズ」

としっかりと強弱をつけていってください!

文章で表現するのは難しいのですが(汗)

一応「ジャン」のところが強くて、「ズン」のところが弱いイメージです(汗)

間奏では少しだけギターソロも出てきますので、特にエレキギターの方は是非チャレンジしてみてくださいね!

このソロも前回の曲「3月9日」のギターソロの様に、王道のパターンです。

初心者の方も十分に挑戦できます!

ちなみにこの曲のギターは「3月9日」よりも簡単で、曲自体、初心者の方も弾きやすいと言えます。

ご興味のある方は是非リクエストしてくださいね!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

この曲はフジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」の挿入歌にも採用されました。

ですので今でもこの曲を聴くと「1リットルの涙」を思い出して泣けてくるという方も多いです。

ドラマの主人公「亜也」の学校の合唱の課題曲として「3月9日」が使用され、同曲をオリコンチャートランク外から再びランクインさせたという影響も与えました。

 

 

 

今回ご紹介できたのはショートバージョンでしたが、是非「粉雪」のフルサイズもCDなどで聴いてみてください!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜3月9日〜

初心者向けエレキギター&アコギ練習曲まとめ 〜その12〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲101〜150