こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はアコギ編、久しぶりに「秦基博」さんの曲をご紹介してみようと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜鱗〜

 

 

 

 

 

 

「秦基博」さんの「鱗(うろこ)」です!

 

いや〜、良い曲を作られますね!

この曲は2007年にリリースされた「秦基博」さんの2枚目のシングルで、「東京事変」などでも知られるベーシスト「亀田誠治」さんをプロデューサーに迎えて製作された楽曲です。

しかもエレキギターは「西川進」さんが参加されていますので、これはもう「椎名林檎」さんのコンビじゃないか!とニヤけてしまうのです(汗)

曲も良さももちろんなのですが、楽器陣のプレイにも注目して聴いてみてください!

 

そして先程ご紹介させていただいた映像は、秦基博さんの活動10周年となるベストアルバム「All Time Best ハタモトヒロ」の発売を記念して製作された、 かねてより秦基博さんが大ファンだったという漫画家「あだち充」さんとのコラボレーションによるスペシャルMV。

 

あだち充さんが漫画のコマ素材を初めて提供するというこのMVは、国民的名作漫画「タッチ」と、甲子園優勝を果たした明青学園の26年後を描いた「MIX(月刊少年サンデーにて2012年より連載中)」の物語が紡れた初の映像作品です。

「楽曲と物語のシンクロや蘇る当時の懐かしい感情、そして新たな物語との出会いなど、見どころ盛りだくさんの映像作品をお楽しみください。」とのこと。

「青春」という感じがしますよね!

この曲の「鱗」とは、自分の殻のようなものを表現しているのではないかと思います。

「結果を恐れずにそれを脱ぎ捨てて、まずは挑戦してみればいい」といったことが歌われている曲、という解釈もできると思いますので、新生活を迎えられる方が多いこの時期にもぴったりの曲かもしれません。

是非歌詞にも注目して聴いてみてくださいね!

 

 

それではこの曲のギタープレイです。

原曲のアコギはカポを4フレットにつけてのプレイ。

コードの数はある程度でてきますが高音部分はほぼ同じであるフォームが多いので、指を少し変えるだけでコードチェンジできる箇所が比較的多くあります。

これを理解してしまえば、より雰囲気良く、しかも難易度が下げられるので良いこと尽くめだと思いますが、コードネームだけを見てこれを判別するのはある程度のレベルが必要になるため、初心者の方は自力で判断するのは難しいかもしれません。

丁寧に採譜されている楽譜を手に入れていただければと思います。

右手のストロークパターンは同じものも多いですが、要所要所に出てくるリズムのキメはしっかりと再現できるようにしましょう!

秦基博さんが弾き語りされているオフィシャルの映像がYOUTUBEにありますので、この記事の最後でそれをご紹介させていただきますね。

そちらも参考になると思いますので、是非ご覧になってみてください。

アコギのイメージが強い曲だと思いますが、エレキギターパートも曲を彩る素晴らしいプレイです。

ギターの「西川進」さんは超一流のスタジオミュージシャンですが、なんとこの曲のギターレコーディングは1テイクで終了したとのこと。

「秦基博さんから受け取ったインスピレーションがあまりにも強かったから」だそうですが、素晴らしいですね。

「ギターソロは後で何度か弾き直したが、相当自慢のソロです」ともおっしゃられている通り、非常にカッコいいプレイが満載ですので、是非エレキギターも演奏されている方はエレキパートもコピーしてみてくださいね!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後に先ほどの予告通り、秦基博さんの弾き語り映像をご紹介させていただいて終わりにしたいと思います。

ギターの参考にもなると思いますし、演奏自体素晴らしいので、楽しんでご覧になってみてください!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜アイ〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲301〜350