こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や浦和、青葉台など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日はエレキギター&アコギ編、爽やかな名曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜ら・ら・ら〜

 

 

 

 

 

 

「大黒摩季」さんの「ら・ら・ら」です!

楽譜はこちらから)

・1曲

http://www.at-elise.com/elise/JPDPSM08396/

・懐かしのJ-POP曲集

https://amzn.to/32m3kdM

 

1995年2月20日にリリースされた「大黒摩季」さんの10枚目のシングルで、ミリオンセラーかつご自身最大の売上を記録した作品。

累計売上枚数は約134万枚とのことです。

言わずと知れた名曲で、ご存知の方も多い曲でしょう!

ライブではラストに歌われることが多く、サビの部分を観客と共に歌うパフォーマンスも行われ、「みんなの歌声を録音して老後の楽しみにする」とも語っておられるそう。

サビは特にキャッチーなメロディと非常にわかりやすい歌詞ですので、たとえ初めてこの曲を聴いたという方でもすぐに歌えますよね!

そういったところもこの曲が名曲である要因なのかもしれません。

テレビ朝日系ドラマ「味いちもんめ」の主題歌にもなっており、ドラマのイメージがある方も多いのではないでしょうか?(僕もその一人)

「味いちもんめ」、良いドラマですよね、、、(^^)

 

アルバムとしては1995年7月19日にリリースされた「大黒摩季」さんの5枚目のアルバム「LA.LA.LA」に収録されており、アルバムのラストを飾る曲。

アルバム「LA.LA.LA」は4枚目のアルバム「永遠の夢に向かって」に続いて初動枚数は50万枚を超え、後にミリオンセラーを達成、累計枚数は前作を上回りました。(ちなみに前作「永遠の夢に向かって」もミリオンセラー)

非常に評価、人気ともに高い作品ですので知らない方は是非聴いてみてくださいね!

アマゾンで数百円で購入できます)

https://amzn.to/32Ccnas

 

大黒摩季さんの楽曲の編曲(アレンジ)は、ほぼ全て「葉山たけし」さんが担当されていますが、この曲を始めアルバム「LA.LA.LA」に収録されている曲も全て編曲は葉山たけしさんによるものです。

葉山さんはギタリストでもあり、このアルバムのギターは全て葉山さんが演奏されていますので、素晴らしいギタープレイを聴くことができます。

是非そちらにも注目して聴いてみてくださいね(^^)

「葉山たけし」さんは以前このブログでご紹介させていただいた曲、WANDSの「世界が終るまでは・・・」中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」FIELD OF VIEW(フィールド・オブ・ビュー)の「君がいたから」などの編曲も担当されており、その記事でも少し葉山さんや織田哲郎さん、ビーイングのことに触れていますので、もしよろしければご覧になってみてください!

 

 

それではこの曲のギタープレイです。

原曲にはエレキギターが2本とアコギが1本レコーディングされており、どのパートも非常にシンプルなプレイ。

しかしながら出るところはきっちりと主張するので、そこが素晴らしいです!

ワビサビが効いているといった感じでしょうか。

バンドで演奏する場合はエレキギターが1本とアコギが1本いれば基本的には問題ないと思いますが、オルガンのパートは是非とも欲しいところですね。

アコギは基本的に曲を通してストローク、ギターソロ終わりに少しアルペジオフレーズが入ります。

登場するコードはバレーコードがかなり多いので克服は必須ですが、ストロークなどのパターンは基本的なものばかりなので、バレーコードを克服している方は問題なく演奏することができるのではないでしょうか。

効いていると心地良いテンポ感の曲ですが、演奏しているとリズムが走りやすいかと思いますので、特に初心者の方は急ぎすぎないように注意してください。

弾いているとよくわからなくなってしまうという方は、ご自分の演奏を録音してみるとすごく練習になると思います!

エレキギターはアルペジオや、ペンタトニックスケールを中心としたオカズ満載のプレイ。

スケールやコードをしっかりと意識できると、アドリブやギターフレーズの引き出しが増えると思いますので、その辺りの勉強をされている方は是非参考にしてみてください。

1音1音を大事に演奏しつつ、音色や音のアクセントにも気を配ってみましょう!

ギターソロは6弦ルートと5弦ルートの「Fメジャー(Dm)ペンタトニックスケール」の王道ポジションを使用した、歌心溢れるソロ。

こちらも音の強弱などの表現力、歌心を鍛えるために、ご自分のサウンドをしっかりとコントロールしていけるようにしましょう!

こちらも、ご自分の演奏の録音は非常に有効です。

アドリブを練習されている方はこの音使いなども分析してみて、こういったコード進行でアドリブもとってみてくださいね。

コード進行では曲中盤で同主調転調的な場面がありますので(「F(Dm)」キーから「A♭(Fm)」キー)、そちらへの行き方や元のキーへの戻り方など、注目してみていただければと思います!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後にアニメ「スラムダンク」の初代エンディングテーマとして書き下ろされた、大黒摩季さんの名曲の一つ「あなただけ見つめてる」をご紹介させていただいて終わりにしたいと思います。

なぜって、好きだからです(笑)

やっぱり名曲はいつまでも名曲ですよね、、、。

 

知らない方は是非聴いてみてくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございましt!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

越谷レイクタウン ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

千葉

松戸ギター教室

新松戸ギター教室

本八幡ギター教室

市川市国府台ギター教室

緑区おゆみ野ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450