こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

前回はギター弦の太さの見分け方と、弦の太さを変えることによって音とテンションに影響が出るという話をお伝えしました。

今回は弦のゲージが変わることで意識しなければならないセッティングについて書いていこうと思います!

 

 

気をつけなければならないチューニング

 

 

まず気をつけることは ”溝” です。
画像をみてください。

 

 

m_img_0965-22985 m_unknown

 

 

 

それぞれ左がレスポールタイプなどのギターのブリッジ、右がナット(白い部分)の画像です。
どちらも細い溝があり、そこに弦を固定しているのが分かるでしょうか?

 

通常、最初はレギュラーゲージの弦(10〜46のセット)が張られています。
そしてそれを例えば10〜52のセットに張り替えて、しばらくの期間使っていたとします。

そうすると目には見えないですが以前より太い弦を張ったことにより、ギターを弾いている間に弦振動などで溝が少し大きくなったり深くなったりする場合があるんですね。

 

そのままのゲージで使い続けるには問題ありませんが、やっぱり、、、ということで前の細いゲージに戻したとします。

広がった溝が元に戻るということはありませんので、その差により以前より弦がよく動くようになり、結果的にチューニングが狂いやすくなったり、場合によっては弦が切れやすくなったりすることもあります。

ですので、太いゲージをしばらく張っていて、その後細いゲージに戻すといった場合には注意が必要です。

 

とはいえ、ナットもブリッジもある程度は消耗品なところもあるので、定期的に交換やメンテナンスをしてあげる必要はありますから、ものすごく気にする必要はないかもしれませんが。

 

人によっては弦のゲージや他のパーツ、ピックアップなどを色々試すために、持っているギターを1本完全な改造用としていたりします。
ギターを何本も持っていたり、そのために手頃なギターを購入したり、、、、、

 

それも一つの手ですよね。

 

 

もっと気をつけなければいけないセッティング

 

 

そしてものすご〜く影響が出るのがセッティングです。

弦のテンションが変わるとセッティングもそれに合わせて調整しなければなりません。

 

まずネックが反ります。

 

ネックの反りにはネックが起き上がる順反りと、反対の逆反りがあります。

弦のゲージを太くするとほぼ間違いなくネックに順反りがおきます。
順反りはひどくなると張ってある弦とフレットの距離が離れるので、ものすごく押弦しにくくなります。

 

逆反りは弦とフレットの距離が狭くなるので、弾いた時に弦がビビってしまい、ちゃんと音が響かなくなってきます。

ひどくなると完全に弦とフレットがくっついてしまって、音そのものが出なくなってしまいます。
弾いてもペチンペチンと虚しい音だけが繰り返されます(汗)

テンションを弱めすぎた時に起こりやすい現象ですね。

 

さらにアームをつけるようなタイプのギターの場合、ブリッジの状態も変わってくるのでこちらも調整しなければなりません。

アーミングの具合も変わってきますし、アームは使わないから、、、という方でもそういう問題ではなくアームを使っていなくてもブリッジが浮いてきたりします。

 

ネック反りはトラスロッドを回して調整しますし、ブリッジはボディの背面のバネをいじったりします。

 

詳しい調整方法はなかなか文章でお伝えするのは難しいのですが、どちらも慣れれば十分に自分でできる範囲のことです。

 

ただレギュラーチューニングではなく、全弦1音下げなどのダウンチューニングをするからという用途でわざと太いゲージを張って、効果を相殺する場合もあります。

ダウンチューニングをするとテンションが下がりますので、それで合わせるやり方ですね。

とはいえ、ぴったり同じというわけにはいかないので、結局調整の必要はありますが。

ダウンチューニングの曲をよく演奏する場合は、それ専用のギターを1本持ってしまうと良いです。

 

きちんとセッティングされているギターは音も弾き心地も、何もかもが段違いです。
お世話になっているリペアショップや、相談できる相手がいるだけで全然違いますね!

 

エルギタースクールでは、生徒さんの目の前で実際にギターの調整方法をお伝えしたり、セッティングのアドバイスなども行っております。

 

また、腕の良いリペアショップのご紹介もしております。
是非お気軽にお問い合わせください!

 

 

慣れてきたら新しいことにどんどんチャレンジしましょう!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

ギター弦の違い 〜弦の太さ編〜

 

カテゴリー:ギター小物の話