こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、久しぶりにインストの曲をご紹介してみたいと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜TRUTH〜

 

 

 

 

 

 

「T-SQUARE」の「 TRUTH」です!

 

超有名曲ですね!

皆さんも聴いたことがあるのは1度や2度ではないはずです。

「T-SQUARE」が「THE SQUARE」の時にリリースした1987年のアルバム「TRUTH」に収録されている曲で、1991年にはシングルカットもされました。

ちなみに「T-SQUARE」は1988年までは「THE SQUARE」名義で活動していたため、アルバムとシングルのバンド名は違っています。

この曲はフジテレビ「F1グランプリ」のテーマ曲に採用されたことで当時の「F1ブーム」とも相まって、THE SQUARE時代・T-SQUARE時代を通じて認知度が最も高い曲となりました。

以前このコーナーでご紹介させていただいた、B’zの松本孝弘さんが「TAK MATSUMOTO」名義でリリースした曲「GO FUTHER」もこの「F1グランプリ」のテーマ曲として一時期使用されていましたが、テーマ曲としてはこの「TRUTH」の方が有名ですね。

何せこの「TRUTH」は1987年から1998年までの11年間、さらにその後もリアレンジされたバージョンやリミックスされたバージョンがテーマ曲として使用されています。

ですので「F1といえばTRUTH」というイメージが付いている方も非常に多いです。

このことからバラエティ番組などでもレース、自動車に関連する場面で同曲が使われることがあり、また元F1ドライバーの登場・紹介シーンにも度々使用されています。

他にもレース系のゲーム音楽などにも幅広く使われていますね。

この曲をリクエストされた生徒さんも、誰もが知っているインストの曲が弾いてみたい!ということでこの曲を選ばれました。

抜群の知名度を誇る曲です。

 

 

この曲のメロディーを演奏しているのは「リリコン」という楽器で、その独特な音が印象的です。

「リリコン」とは1970年代にアメリカで開発されたアナログシンセサイザーを用いた電子楽器で、管楽器と同様の吹奏楽器、一般的なキーボードによる演奏とは異なり息遣いによる繊細な演奏が可能でしたが、高額でセッティングが煩雑なこともあってあまり普及せず、最終的にメーカーが倒産して製造中止になってしまいました。

ですがその後「ヤマハ」がこの特許を買い取って新しいものを製品化したり、「AKAI」も製品の製造を行うなど、今ではそういった楽器は「ウィンドシンセサイザー」と呼ばれています。

日本でこの「ウィンドシンセサイザー」の知名度を一気に押し上げたのは間違いなく「T-SQUARE」です。

色々な曲で多く使われていますので、このサウンドが好きな方は「T-SQUARE」の他の楽曲も是非聴いてみてくださいね!

 

そして少し話は戻りますが、この曲「TRUTH」が1991年にシングルカットされた時、カップリングに「TRUTH 1991」が収録されました。

この時「T-SQUARE」のサックスが「伊東たけし」さんから「本田雅人」さんへメンバーチェンジしており、このバージョンでは本田さんがウィンドシンセではなくソプラノサックスで演奏されています。

これはこれで非常にカッコ良いので、聴き比べてみるのも楽しいと思います!

ギタープレイも少し違うものになっていますし、もしよかったらこのバージョンも是非聴いてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

印象的なテーマからスタートするこの曲、ギターサウンドは結構歪んでいるので、アンプなどでギターの音色をナチュラルに歪ませていきましょう!

その状態で少しブリッジミュートをかけて弾いていくと近いニュアンスになると思います。

バッキングは基本はパワーコードのプレイなので、キメのところは豪快にジャジャーン!と弾きつつ、メロディーのバックはブリッジミュートをかけてダウンピッキングで刻んでいきましょう!

勢いは大事ですが、同時に繊細なプレイも心がけてください。

あとはギターソロですが、これは結構難しいです(汗)

この曲をリクエストされた生徒さんはテーマ部分が弾ければ十分ということだったので、ギターソロはコピーしておられません。

フレーズは複雑ではないので、ものすごく難しいソロではないのですが、並の技術では正確に弾きこなすのは難しいでしょう。

様々なテクニックも登場しますし、それぞれのニュアンスも大事、速弾きも少し出てきます。

僕はもちろん弾けますが、ある程度の技術がないと弾けないソロですので、これを完璧に弾きこなしたい!という方は日々練習に励んでくださいね(汗)

日々の練習方法はちゃんとお伝えしていますので、ご安心ください(笑)

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後に恒例のライブ映像をご紹介して終わりにしたいと思います。

新旧メンバーで豪華メンツの記念ライブの映像です!

 

ウィンドシンセももちろん登場しますし、アドリブの応酬が最高です!

是非見てみてくださいね!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲101〜150