こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日は久しぶりにコラム的なものを書いてみようかと思いまして、「ギター楽譜の探し方 〜洋楽の楽譜、スコアが見つからない時〜」という内容をお送りさせていただこうかと思います。

教室の生徒さんは弾きたい曲として邦楽をリクエストされる方が多いのですが、洋楽が好きで、洋楽をギターで弾けるようになりたいという方ももちろんいらっしゃいます。

しかしながら市販されている楽譜には、邦楽の楽譜の量に対して洋楽は少ないんですよね(泣)

とは言っても、ビートルズだったりレッド・ツェッペリンだったりディープパープルだったり、洋楽の中でも超有名なバンドや曲、もしくはギターを弾いている人の多くが弾けるようになりたいと思う「ギターが目立つ曲(かっこいい曲)」の楽譜は出版されていたりします。

何が違うのか?

 

もちろん、「売れるか売れないか(需要があるかないか)」です。

 

市販されているスコアというのは慈善事業で売っているわけではなく、当たり前のことで「ビジネス」ですから、その曲の楽譜を出版するにあたっては「ある程度の売り上げ見込み」が立たないと、当然ながら企画段階で却下になります(悲)

赤字だと意味がないですからね、、、。

ですので世の中に、「あのバンドは最近売れてきているし、ギターがかっこいい曲が多いからコピーしたいのに、なぜ楽譜がないんだ!?」という声は多いのですが、やっぱり売り上げが見込めないとなかなか難しいわけです(汗)

邦楽でさえそうなのですから、特に洋楽はもっと厳しいんですよね(>_<)

ギターが曲のメインになっているロック系ならまだ出版される確率は上がるのですが、ギターがあまり入っていないようなポップス系はほとんど出版されていません。

日本国内で結構ヒットした曲だとしても、その曲が好きな人の中でギターを弾いている人、さらにギターでその曲を弾けるようになりたいとまで思う人、というのはかなり減るでしょうから(^^;;

 

と言った感じで、悲観的なことを書いてしまいましたが、ここからは具体的な洋楽の楽譜の探し方について書いていきたいと思います!

ちなみに以前このブログで、

 

ギター楽譜の違い 〜バンドスコアとギター弾き語り〜)

ギター楽譜の探し方 〜目的に合わせた楽譜を購入する方法〜

 

という記事を書かせていただきましたが、この内容は既に大丈夫である前提で今回の話を書いていきたいと思いますので、もし内容が怪しい方はチェックしておいてくださいm(_ _)m

 

 

 

〜本屋さん、楽器屋さんの店舗で購入する〜

 

 

 

「ギター楽譜の探し方 〜目的に合わせた楽譜を購入する方法〜」でも書かせていただきましたが、探し方の基本は洋楽でも同じです。

ただ、先ほど前置きしたように「置いていないことも多い」ので、そんな時はどうするか?

店員さんに相談して「取り寄せて」もらいましょう。

日本では出版されていなくても、そのバンドの本国などでは出版されているケースもあります。

同じように、外国の方が邦楽をコピーしたいと思ったとしても、おそらくその方の国では出版されていない事が多いでしょう。

僕は以前、「このバンドのこの曲が掲載されている楽譜が欲しいのですが、あったりしますか?」と書店の店員さんに相談したところ、調べてくれてアメリカから輸入してくれました。

何て親切な(T_T)

この場合は、楽器屋さんは楽器の販売がメインなので、本屋さんに相談した方が良いのではないかと思います。

僕が以前この相談をしたのは、某大手書店さんでした。

もちろん100%見つかるわけではないですし、関税などで少し高くなりましたが、欲しかった楽譜は無事に手に入りました。

これも一つの方法ですね。

 

 

 

〜ネットで購入する〜

 

 

 

この方法も同じです。

アマゾンなどで中古楽譜がたまたま売られていて手に入るということもありますが、海外のサイトから購入できることもあります。

僕は英語ができないので、英語だらけの海外のサイトはちょっと怖いですが(汗)、「Pay Pal」などで支払いをして、メール便で届いたりします。

あとはそのアーティスト(ギタリスト)のホームページで楽譜がファイルで販売されていて、同じように「Pay Pal」などで支払いをすれば数週間後にメール便で届いたり。

探す時間はかかるかもしれませんが、日本のサイトだけではなく、海外のサイトも探してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

〜無料のサイトもある〜

 

 

 

これも同じですね。

「ギター楽譜の探し方 〜目的に合わせた楽譜を購入する方法〜」の記事でもご紹介させていただいたサイトに、無料の楽譜があることもあります。

ほとんど全部がコード譜ですが、「弾き語りをしたい」という場合などには良いのではないでしょうか。

そしてこれは以前の記事でも書かせていただきましたが、無料だからかもしれませんが、市販の譜面よりも間違いは多いです。

しかしながら、ほとんどは合っているので、あくまでも「間違っているところが少しあるかもしれない」という感じなのですが、僕の感じたところでは市販の譜面よりも間違いは少し多いかと思います。

この辺は個人的な意見かもしれませんので、そんなことないよ、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

〜日本語でヒットしなかったら言語を変えてみる〜

 

 

 

そして最後に本日のポイントです。

例えば先日、教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナーでご紹介させていただいた、「マイケル・ブーブレ」さんの曲「I Believe in You」ですが、日本語で検索してもコード譜はヒットしませんでした。

「マイケルブーブレ i believe in you コード」で調べると出てきませんでしたが、

「Michael Buble  i believe in you コード」で調べると出てくるんです。

この場合、検索でヒットしたのは日本のサイトではなく海外のサイトです。

日本にも「国内最大級の歌詞/コード検索サイト「楽器.me」」や「楽譜が無料!ギター、ピアノ、バンドスコアなど「GLNET+」」などのサイトがあるように、海外にもあるんですね。

海外のサイトだと「Ultimate-Guitar.com」とかが有名かと思います。

同じように、コードではなくTAB譜が見たい場合は、

「アーティスト名 曲名 tab」で検索する際に、アーティスト名と曲名を日本語ではなく英語などで入力してみてください。

必ずあるとは限りませんが、ヒットする確率はかなり上がると思います!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

「洋楽の楽譜が見つからなくて困っている」という方は以外と多いんじゃないかと思うんですよね。

もちろん耳コピができれば一番良いと思うのですが、「耳コピができるようになるまでの繋ぎ」や「耳コピはできるけど手軽に楽譜を少しだけ見たいとき」などには使えると思います。

あと、慣れているというのもあると思いますが、市販されている日本の楽譜ってすごく見やすいものばかりなんですよね。

細かく記してくれているなあ、、、と感謝です。

国内の楽譜が見慣れている方は、海外の楽譜を見たとき最初は少し戸惑うかもしれません。

しかしまあ、それも慣れ。

 

色々なツールを上手く使って、ギターの演奏をレベルアップさせていきましょう!

そして楽しく演奏できるようにしていってくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

ギター楽譜の違い 〜バンドスコアとギター弾き語り〜

ギター楽譜の探し方 〜目的に合わせた楽譜を購入する方法〜

 

カテゴリー:ギター雑談