こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はアコギ編、引き続き洋楽です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜I Believe in You〜

 

 

 

 

 

 

「Michael Bublé(マイケル・ブーブレ)」の「I Believe in You」です!

楽譜はこちらから。ピアノ用ですがコードは書いてあるので、わかる方はギターに変換できると思います(もしくは耳コピ))

https://www.print-gakufu.com/score/detail/398896/

 

ご紹介させていただいた映像はMVですが、このMVは俳優・ダンサーの「デレク・ハフ」が監督・振り付けを務めた作品で、自身が主演もしています。

「幼い2人の子どもが友達になり恋をして、家族を持ち、年老いていく人生が描かれている」というこのMVは、「デレク・ハフ」の祖父母がモデルになっているという、実話に基づいた設定だそう。

 

「今年私の祖父が他界したんだ。私の祖父母は60年間二人ずっと寄り添ってきたんです。彼らは毎朝毎晩二人踊り合っていたよ」、「この曲を聴いた時、祖父母、そして二人のそうした長い間添い遂げた愛を思い描いたんだ。私は(このミュージック・ビデオを通して)時の試練に耐えるラブ・ストーリーを描きたかったんだ」。

 

と「デレク・ハフ」本人は語っています。

「マイケル・ブーブレ」の甘い歌声、曲の良さ、歌詞の世界観とMVの融合が、多くの人の感動を呼んでいる作品ですので、是非ご覧になってみてくださいね!

 

「マイケル・ブーブレ」は日本ではあまり知られていないかもしれませんがカナダの国民的なポップ・ジャズシンガーで、2010年2月28日のバンクーバーオリンピック閉会式では、地元が生んだ世界的スターとしてカナダの準国歌とも言える愛国歌「ザ・メイプル・リーフ・フォーエヴァー」を15分に渡りパフォーマンスし、カナダの象徴的な歌手として歌い上げました。

あの超有名プロデューサー「デイヴィッド・フォスター」が、「唯一無二の声!」と絶賛した、その歌声が最大の魅力です。

聴いた方はわかると思いますが、「ずるいなあ、、、、、。」と嫉妬してしまうくらいの美声ですよね(汗)

ヒット曲も多く、2007年にリリースされた3枚目のアルバム「Call Me Irresponsible」は、アメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、南アフリカ、オーストラリアの6ヶ国で初登場1位を獲得し、売上枚数は1200万枚を突破。

その後、2009年にリリースされた4枚目のアルバム「Crazy Love」も、発売と同時にアメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、イギリスをはじめ世界各国でチャート1位を獲得しています。

日本でもCMソングやテレビ番組などでは曲が結構使われていたりするので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

僕の独断と偏見ですが(汗)、最近だとこの「ホンダ・アコードハイブリッド」のCMで使用された「Feeling Good」がピンときやすいかもしれません。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

他にも「アサヒ・ドライゼロ」のCMソングや、日本テレビ系「スッキリ!!」のオープニングテーマに使用されていた、「It’s a Beautiful Day」は聴いたことのある方も多いのでは?

 

 

(曲は0:26〜)

 

 

「マイケル・ブーブレ」さんはカヴァーも多く歌っているので、以前このブログでもマイケル・ブーブレバージョンをご紹介させていただいたことがあります。(覚えている方はいらっしゃいますでしょうか?)

今回はやっとご本人の曲をご紹介することができました!!

とは言ってもカヴァーはカヴァーで素敵なので、もしよろしければ以前の記事もチェックしてみてくださいね!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜恋人たちのクリスマス〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜Feeling Good〜

 

 

 

それではこの曲「I Believe in You」のギタープレイです。

原曲はアコギのサウンドが終始響いていますが、音域的にカポを1フレットにつけてのプレイでしょう。

そうするとイントロは「G」「Cadd9」のよく登場する2つのコードのみで演奏できますし、その後も「Bm7」「D」「Em7」といったオーソドックスなコードばかりです。

右手のストロークパターンはある程度速い16分で振り続けないといけないので、そこは少々大変かもしれませんが、曲のわかりやすさなどを加味するとギター初心者の方もチャレンジできる曲だと思います。

ただこの曲も、前回ご紹介させていただいたバックストリート・ボーイズの「Shape of My Heart」同様、コードのボイシング(ざっくり言うとコードの押さえ方のこと。同じコード(和音)でも音の並べ方やフォームを変えるとサウンドが変わるので、曲のあったものをチョイスする)には気をつけてください。

ただこの曲も難点は「楽譜がない」ということです(汗)

もちろんレッスンでリクエストいただいた際は、楽譜がない曲でも僕が耳コピさせていただいたり、コード譜を作成したりしていますのでご安心ください!

しかしながら、コード進行はわかりやすくシンプルな曲ですので、耳コピの練習にもぴったり。

「耳コピもできるようになりたい」という方は、一度挑戦してみていただければと思います!

こちらもレッスンでは、耳コピのコツなどをお伝えしていますので、お気軽にご相談くださいm(_ _)m

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後に「マイケル・ブーブレ」のヒット曲の一つ、「Haven’t Met You Yet(邦題:素顔のきみに)」のMVをご紹介させていただいて終わりにしたいと思います。

このMVには「マイケル・ブーブレ」本人と、女優の「ルイサナ・ラピラト」さんが出演されているのですが、なんと今二人はご夫婦です。(この時は違う)

「ルイサナ・ラピラト」さんと初めて会った時、ブーブレさんは心に衝撃が走ったそうで一目惚れ。

熱心にアプローチするも軽く流されたというエピソードが残っています。

その後ブーブレさんはこの曲「素顔のきみに」を書き上げ、MVにはラピラトさんを起用し、共演を果たしました。

このMVと同じ2009年、二人は婚約し、2011年にご結婚されています。

その辺りにも注目しつつ観てみると、また違った楽しみ方ができるかもしれませんね。

 

もちろん曲自体良いので、曲は曲で楽しんでください!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=1AJmKkU5POA

 

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

越谷レイクタウン ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

千葉

松戸ギター教室

新松戸ギター教室

本八幡ギター教室

市川市国府台ギター教室

緑区おゆみ野ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲301〜350