こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日の教室の生徒さん希望曲紹介エレキギター編ですが、たまにはハードなものも紹介してみたいと思います!

 

 

〜Cupid’s Dead〜

 

 

 

 

 

 

「Extreme(エクストリーム)」の「Cupid’s Dead(キューピッズデッド)」です!

 

1985年に結成されたエクストリームは、1986年、1987年と2年連続でボストン・ミュージック・アワードの最優秀ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・アクトを受賞し、89年5月アルバム「エクストリーム」でデビューしました。

エクストリームといえばギタリストの「ヌーノベッテンコート」が有名ですね!

ファンクメタルという当時新たなカテゴリーに括られたりしましたが、こんなバンドというかギタリスト、まあなかなかいませんよ、、、、、。

僕もヌーノ大好きですし、生徒さん、スクールの講師陣にも大人気のギタリストです。

エクストリームの一番の有名曲といえば「More Than Words」だと思いますが、やっぱり真骨頂はこういう圧倒的にかっこいいリフでゴリゴリ押していくところでしょう。

「More Than Words」は後日このコーナーで紹介させていただきましたので、もしよろしければご覧になってみてください!

 

〜教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜More Than Words〜〜

 

 

この曲は1992年にリリースされた「Extreme」の3枚目のアルバム「III SIDES TO EVERY STORY」に収録されています。

原曲というか元の曲はホーンセクションは入ってないのですが、シングル「TRAGIC COMIC」のカップリングやベストアルバムに収録されているこちらのホーンが入ったものも人気が高いしかっこいいです。

 

 

 

 

 

 

 

通称ジミヘンコードと呼ばれる「E7♯9」コードをガツッと使ったイントロのリフから始まり、曲が終わるまで数々のリフだらけです(笑)

ここまでリフで押されると逆に気持ちいいですね!

ちなみにチューニングは半音下げです。

 

テクニカル系の曲の中では弾きやすい部類に入る曲だと思いますが、それでもなかなか大変です。

エクストリームを通ったミュージシャンの間ではこの曲を「筋トレ」という人も多いです(笑)

それだけ一曲を通して弾ききるといいトレーニングになるということですね。

フレーズの速さに指の移動を追いつかせることはもちろんですが、オルタネイトピッキングは必須ですしアクセントをしっかりつけることも非常に重要です。

カッティングのキレや、サウンドの勢いなども必要で、力強いピッキングが要求されます。

この曲が完璧に弾けたら「ギター中級者」と言えるかと思います。(もちろんテクニック面のみでの話ですが)

 

ちょっと弾けそうかも、、、、、という方は是非チャレンジしてみてください!
演奏技術の向上になること間違いなしです!

 

 

最後にライブ版もご紹介させていただきますね!

ヌーノ最初鍵盤弾いてますが(笑)

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Decadance dance〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜More Than Words〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲1〜50