こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、本日の曲も名曲でございます。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜ダンデライオン〜

 

 

 

 

 

 

1998年発売、「BLANKEY JET CITY」の13枚目のシングル「ダンデライオン」です!

 

超名曲ですね!

僕は大好きです!

この曲は日本テレビ系ドラマ「お熱いのがお好き?」の主題歌に起用されました。

オリコンチャートでいうとブランキーのメジャーレーベルからリリースしたシングルでは一番上位を記録した曲で、一番認知度の高い曲かもしれません。

しかしギター&ボーカルの「浅井健一」さんは、タイアップ曲のため思い通りの歌詞を書けなかったと言います。

ドラムの「中村達也」さんも最初この曲が完成した時、少し抵抗があったそうです。

ブランキー史上一番マイルドな曲だとの事で、ブランキーファンからは賛否両論がある曲ですね。

ヒット曲の「赤いタンバリン」や、この曲「ダンデライオン」はどちらかというとポップで、従来のブランキーのサウンドではないかもしれません。

ですがブランキーファンにもこの曲を超名曲としてあげる方も大勢いらっしゃるのです。

僕は当時中学生でまだギターを触ったこともない頃でしたが、この曲がとても気に入ってCDが擦り切れるまで繰り返し聴いていた思い出があります。

本当に擦り切れてしまって、最終的にはそのCDは再生できなくなってしまいました(^^;;

ギター講師になって生徒さんからリクエストがあった時、なんだか染み染みしてしまいましたね(笑)

ちなみに「浅井健一」さんは、後ほど聴いたらやっぱりいい曲だと思ったので作って良かったと語られており、浅井健一さんのお母さんは今までの曲の中で一番いいと言っておられるそうです。

曲はもちろんですが歌詞も素晴らしいので、是非歌詞にも注目して聴いてみてください!

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

バレーコードだらけなのでコードは必ず克服する必要がありますが、プレイはいたってシンプルです。

ストロークのコード弾きと間奏などのリードフレーズの2種類ですね。

Aメロのストロークのリズムはシンコペーションのクいも多いので、しっかりとタイミングを合わせていきましょう。

全体的には抑揚をしっかりつけていけるように、ダウンとアップのストロークを交互に振っていくところと、ダウンストロークのみで演奏するところなどを認識して、弾き分けていけるようにしましょう。

しかしこの音数、楽器の少なさでここまでのアンサンブルを聴かせられるとはさすがブランキー。

鉄壁のサウンドです。

この編成でバンド演奏した時に本当に難しい瞬間に出会うかもしれません。

是非、ご機会があれば体験してみてください!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

どちらも名曲でしたが、前回と今回、「ダンデライオン」続きにしてみました(笑)

次回は何を書こうかな、、、、、。

 

よろしければまたお読みいただければ嬉しいです!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜ぼくはヤンキー〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜RED-RUM(夢見るBell Boy)〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜D.I.J.のピストル〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲151〜200