こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はアコギ編、昨日に続いて「エド・シーラン」の曲をご紹介してみようと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜Sing〜

 

 

 

 

 

 

「エド・シーラン」の「Sing」です!

 

この曲は2014年発売、「エド・シーラン」の2枚目のアルバム「×(マルティプライ)」に収録された曲で、先行シングルとしてもリリースされました。

アルバムのタイトル「x」は1枚目のアルバム「+」でやったことを基にしてそれを何倍にするという意味で、このアルバムに向けてエド・シーランは120曲も制作し、「500回聴いても飽きない曲」という基準で選曲したそうです。

このアルバムは2015年の「第57回グラミー賞」で「最優秀アルバム賞」と「最優秀ポップ・ボーカル・アルバム」にノミネートされ、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、デンマーク、ニュージーランド、、、、、といった世界各国のチャート1位を獲得しました。

特にイギリスではアルバムチャート13週連続で第1位、73週連続でTOP10入りを果たしたそうです。

すごいですね!

 

この曲は「ファレル・ウィリアムス」がプロデューサーとして参加しており、グラミー賞の授賞式でファレルがエドの後ろに座っていて、エドが挨拶したところ「一緒にスタジオに入ろう」と言われた、ということがきっかけだったそうです。

ファレルのことをよく知らないという方は以前にもこのブログで、32か国以上でチャート1位を記録したダフト・パンクとの「Get Lucky」、22ヶ国で1位を記録した「Happy」、の2曲をご紹介させていただいていますので、もしよろしければそちらもご覧になってみてください!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜Get Lucky〜

 

幸せがいっぱい!結婚式ソング

 

エドのギターのカッティングをファレルが気に入りこの曲が生まれたということで、ギターのカッティングがとても印象的な曲に仕上がっていますね。

ノリも非常に良い曲で、エドは「オーディエンスに参加してもらうための曲。みんな一緒に歌ってほしい」と語っています。

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

なんとこの曲に登場するコードは「G#m7」と「C#m7」の2つだけです。

と言うと「初心者向けの曲なのかな?」と思うかもしれませんが、残念ながらそういうわけではありません(汗)

なぜならこのコードが2つともバレーコードで、しかもそこそこ速いテンポで右手を16分でカッティングしないといけないからです。

カッティングは右手のシャープな振りと、ブラッシングと実音のメリハリ、キレが命です。

キレが出ないと非常にもっさりしてしまってカッコ悪くなってしまいますので、最初はテンポを遅くして右手の手首の力を抜いて、ご自分のサウンドをよく聞きながら練習していってください!

カッティングに慣れていて問題ないという方は、逆にすぐ弾けるようになると思います!

余裕がある方は、コードの合間に入る「ティラタタダ」という単音も(わかりにくくてすいません(汗))入れてみても良いですね!

楽しんで弾いていきましょう!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後に恒例のライブ映像をご紹介して終わりにしたいと思います。

前回ご紹介させていただいた曲「Castle On The Hill」のライブ映像同様、ルーパー(記録したフレーズを重ねて半永久的にループ再生するエフェクター)」のサウンドにも、是非注目して観てみてくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜Castle On The Hill〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲201〜250