こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター&アコギ編、世界中を席巻するあのアーティストの曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜Castle On The Hill〜

 

 

 

(曲は0:16〜)

 

 

「エド・シーラン」の「Castle On The Hill」です!

 

この曲は今年2017年に発売された「エド・シーラン」の3枚目のアルバム「÷(ディバイド)」に収録されている曲で、同じくこのアルバムに収録の「Shape of You」と、先行シングルとしてリリースもされました。

この先行シングル「Castle on the Hill」と「Shape of You」は、全米のTOP10にWチャートイン、全英では1位2位を独占します。

その後リリースされたアルバム「÷(ディバイド)」は、アメリカ、イギリス、オーストラリア、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、スウェーデン、、、、、と世界各国でチャート1位を獲得しました。

「エド・シーラン」は、今、世界で最も注目されているアーティストの一人だと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

この曲の歌詞は「懐かしい故郷や仲間の思い出を回想する」というものになっています。

大人になって、ふとした時に自分の少年時代を思い出す、、、、、。

そういった経験は誰しもがあるのではないでしょうか?

そういう気持ちを代弁してくれているかのような曲ですので、是非歌詞にも注目して聴いてみてくださいね!

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

原曲はイントロから、世界的バンド「U2」のようなディレイサウンドが印象的です。

フレーズは終始同じなので難しくはありませんが、心地よい均一なサウンドを出し続けるのはなかなか大変だと思いますので、音にムラが出ないように練習していきましょう!

2サビ終わりのところで少しアルペジオフレーズも登場しますが、このディレイフレーズがこの曲のほぼ全てです。

しかしながらこの曲をリクエストされた生徒さんは、皆さんアコギでの弾き語りをご希望でした。

「エド・シーラン」は例え何万人の前で演奏するライブであっても、ギター1本、自分一人で演奏したりするということも、それに大いに影響しているのでしょう。

その場合はコードストロークがメインになります。

ベース音のみを変えることもありますが、登場するコードはほぼ4つ、「D(場合によってはDsus4)」「G」「Bm7」「A(場合によってはAsus4)」です。

「Bm7」は通常、セーハを使ったバレーコードで押さえることが多いですが、エド・シーランの弾き語りのように演奏するのならセーハを使わないフォームで大丈夫です。

コードだけなら間違いなく初心者向けと言える曲ですが、エド・シーランは様々なテクニックを使って曲を表現しています。

ブリッジミュートをかけて弾いたり、強弱をつけたりと、この表現はすぐにできるものではないと思いますので、じっくり取り組んでいただければと思います!

先ほど「様々なテクニック」と書いたのですごく難しそうに感じたかもしれませんが、ポイントを理解して練習していけば必ず習得できますので、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後にエド・シーランの弾き語り映像をご紹介して終わりにしたいと思います。

エド・シーランがよく使う「ルーパー(記録したフレーズを重ねて半永久的にループ再生するエフェクター)」のサウンドにも、是非注目して観てみてくださいね!

同じくアルバムからの先行シングルとしてリリースされた「Shape of You」も一緒に貼らせていただきますので、もしよろしければこちらもご覧になってみてください。

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜Sing〜

初心者向けエレキギター&アコギ練習曲まとめ 〜その22〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲201〜250