2022年11月09日

【ギター教室】レッスン曲! 〜流星に祈る〜

生徒さんの希望曲401~450

 

こんにちは!
東京、池袋を中心に、埼玉、千葉、神奈川など都内近郊40か所以上にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

さあ、今回も始まりました!教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介のコーナー!

本日もアコギ編、引き続き「矢後憲太」さんの曲のご紹介です。

矢後さんの曲紹介も今回で8曲目!
難易度的にそもそも弾ける方が少ないので、今のところは全て同じ生徒さんからのリクエストですが、「ギターが上手くなって、いつか矢後さんの曲を弾いてみたい!」と言う生徒さんは多くいらっしゃいます(^^)

正しく練習を続けていれば絶対に誰もがチャレンジできますので、好きな曲が弾けるようになることをモチベーションに、引き続き頑張ってください!

 

それでは、本日もいってみましょう!

 

 

〜流星に祈る〜

 

 

 

「矢後憲太(やご けんた)」さんの「流星に祈る」です!

楽譜は矢後さんのサイトから購入できますので、是非チェックしてみてください)

https://kenta85.official.ec/items/29702199

 

この曲もとても綺麗ですね!

流星というくらいなので、この曲も夜のイメージでしょうか。
(流星:天文現象の一つで、夜間に天空のある点で生じた光が一定の距離を移動して消える現象。一般的に流れ星とも呼ばれる。)

前回ご紹介させていただいた曲「On a Starry Night(星降る夜に)」は、まるで降ってくるような満天の星々が浮かんでくるような神秘的な曲でしたが、この「流星に祈る」は夜空に一際強く光る眩い一瞬の光、、、、、。

刹那的な力強さや儚さ、それがもたらす優しさなども感じさせる曲ですね。(僕がそう感じたという話ですいません(汗))

近い感じがするテーマやモチーフでも、全く違った情景を想像させる矢後さんの曲は、本当に素晴らしいと思います!

 

この「流星に祈る」は「矢後憲太」さんの3rdアルバム、「invisible」に収録されている楽曲です。

 

”2013年「Fingerpicking Day」全国(決勝)大会で、「最優秀賞」「オリジナル・アレンジ賞」「オーディエンス賞」の3冠を獲得した、矢後憲太が2020年に発表した3rdアルバム。

日々に寄り添う人間の感情や感覚、成長をテーマに描かれる本作品。
柔らかで親しみやすく、独自のヒューマニズムをも感じさせる、ドラマティックな内容となっている。”

 

他にも良い曲がたっぷり収録されているアルバムなので、是非聴いてみてくださいね!

アルバム「invisible」の中で、教室のレッスンで取り扱ったけれどまだご紹介できていない曲が他にもありますので、そちらはまた近々ご紹介させていただきたいと思います!

 

それではこの曲のギタープレイについてです。

チューニングは6弦から順に「CADGAD」で、さらにカポを5フレットにつけていきましょう。

イントロの後の曲のAメロ部分は2周しますが、1周目と2周目ではフレーズの後の休符の長さが違っていたり、音の切り方が変化しています。
もちろんわざと行われていることで、これによって曲に展開をつけたり音の響きをより豊かにしているのですが、休符やスタッカートなどをあまり大事にせずに「とりあえず音を止めれば良いんだな」と、どれくらいの間止めるかや、その止め方まで気が回っていない方も多くいらっしゃいます。

この曲に限らずですが、音の止め方や休符の扱いというものは本当に重要ですので、必ずコントロールしていけるように気をつけて練習していきましょう!

自分がコントロールできているか分からない、、、、、という方もいらっしゃいますが、「自分の演奏を録音する」という簡単かつ、ものすごく効果的な練習方法があります。

今の世の中、スマホで簡単に録音できますので、例えば1フレーズや1、2小節のみなど、気になる部分を細かく区切って録音してみましょう!

その部分がもしちゃんと弾けていなければ、何ができていないかの確認をして、どうすれば良いのか考えて、一定のテンポに合わせて反復練習して、良くなったと思ったらまた録音して、、、、、と繰り返していきます。

そうしながら曲を進めていくと、必ずクオリティが上がると思いますよ!

細かい部分までチェックしてしっかりと弾けるようになってきたら、今度はAメロ全て、Bメロ全てなどの塊を繋げて弾いて録音し、範囲を広くしていきましょう。慣れてきたら1コーラス録音してみるとかも良いですね。

この曲も開放弦が多用されており、左手で押さえる箇所はそれほど多くはありませんので、難易度的にはそれほど高くはありません。(矢後さんご本人がつけられている曲の難易度は「B」)

ただ、ハンマリングやプリング、スライドなどの奏法はこの曲も多く登場しますので、音が小さくなったり、リズムが突っ込んでしまったりしないように気をつけて、しっかりと練習してください!

ここでも、それのチェック、確認に録音はとても効果的です!

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

今回も矢後憲太さんの曲をご紹介させていただきました!

ソロギターの人気はどんどん高まっていますので、教室のレッスンにもソロギターが弾けるようになりたいということで、それを目標にレッスンにお越しになられている方が多くいらっしゃいます。

難しそうと感じても、正しく練習していれば少しづつ弾けるようになってきますので、ご興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね!

 

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜遠き春〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜にびいろの風〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜ヒロガルセカイ〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜Inspiration〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜こころ〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜Remember〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜On a Starry Night(星降る夜に)〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450

 

講師ブログカテゴリ一覧
エルギタースクールの無料体験レッスン

FREE TRIAL無料体験レッスン

エルでは、これらをしっかりとお伝えできる様に無料体験レッスンを行っております。楽器を始める前の不安な気持ち、楽器は持っているがどうやって上達すればいいか分からない時、ある程度の年数を弾いているが壁に当たってしまったなど、内容は違えど誰もが経験することです。

是非一度、お気軽にお越しください。

エルギタースクール一覧(東京・神奈川・埼玉・千葉)