こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や赤羽など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、「UVERworld」が自分たちの原点と位置付けている曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜CHANCE!〜

 

 

 

 

 

 

「UVERworld」の「CHANCE!」です!

楽譜はこちらから)

・1曲

https://amzn.to/2XsJ5wK

・アルバム

https://amzn.to/2XsI1c8

 

この曲は2005年10月26日にリリースされた「UVERworld」の2枚目のシングルで、PlayStation Portable用ゲームソフト「BLEACH ヒート・ザ・ソウル2」のオープニングテーマにも起用され、この曲で「CDTV」、「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」に初出演しました。

楽曲自体はメジャーデビュー前のインディーズの頃から演奏されてきた曲で、バンドにとって原点と位置付けられる大事な曲となっており、翌2006年2月15日にリリースされたファーストアルバム「Timeless」においても、1曲目に収録されました。

「UVERworld」は前向きな歌詞や曲などが多いためか誤解を受けやすいバンドかもしれませんが、バンド活動は決して順風満帆というわけではありませんでした。

数々の壁がやトラブルが立ち塞がってもそれを懸命に乗り越え、目標を一つ一つ実現させてきたバンドなのです。

この曲「CHANCE!」にはリスナーを元気付けるという意味も込められていると思いますが、バンド自身も鼓舞させてきた曲なのではないでしょうか。

 

「CHANCE!」がUVERworldの原点となっている曲だとよくわかる映像があります。

 

 

 

 

「UVERworld in女祭り ~浮世CROSSINGでのハプニング-CHANCE!~」と題してYOUTUBEにアップされているライブ映像、最初は浮世CROSSINGの演奏からスタートしますが、サビに入る1:08〜あたりのところで機材トラブルということで演奏が中断してしまいます。

演奏中断というのはもうありえないくらいのヤバいトラブルで、バンドにとっても「結成15周年、デビュー10周年で初めてのこと」だということ。

そして映像の3:55〜あたりからMCが始まり、この曲「CHANCE!」に対する思いが語られます。

その後の「CHANCE!」の演奏では、予定になかった曲ではありますがバッチリのタイミングでテープが飛び、照明などの演出も完璧。

のちのインタビューでも語られているようですが(映像の最後でも)、これは「別の曲で飛ばすはずだったテープをスタッフさんが急遽発射してくれた」ということで、テープ発射から少しだけ遅れて照明が明るくなっていることなどから、現場のものすごいチームワークが感じられます。

ボーカルのTAKUYA∞さんの「お〜、いいね!」という言葉がとても印象的ですね。

メジャーデビューから約3年間、東京の一軒家でバンドメンバー5人全員で共同生活を送ってきた下積み時代からの仲の良さ、バンドを支えるスタッフチームの連携、今までUVERworldを作り上げてきた様々なものをこの映像から垣間見ることができます。

素晴らしいライブだと思いますので、是非ご覧になってみてください!

 

 

それではこの曲のギタープレイです。

原曲はメインパートのエレキギターが2本レコーディングされており、ところどころ3本目のエレキギターが登場しますが、基本的には2本あればOK。

ギター1本でもパートを上手く組み合わせれば、ある程度再現は可能です。

チューニングは「ドロップDチューニング」なので、レギュラーチューニングから6弦の音を全音下げて「D」にしていきましょう。

ハーモニクス奏法やオクターブ奏法、ブリッジミュートなどが出てきますが、フレーズは割とわかりやすいものが多いので、かなり頑張って練習していればギター歴1年ほどの方でもチャレンジしていけるのではないでしょうか。

音作りも非常に大事で、特にディレイはこの曲の要でもありますので、できればエフェクターも使い方をマスターして、取り入れてみてください!

楽譜にはメンバーからのひと言アドバイスがあります。

ギターのお二人のコメントをご紹介してみると、

克哉「4つ打ちビートなんで、リズムをしっかりキープしないとモタって聴こえちゃうんですよ。だから、ドラムをしっかり聴いて自分で一番いいと思うタイミングで弾くことに集中して欲しいですね。音色的には、Aメロはハーフ・トーンが合うと思います。」

彰「ディレイを使った付点8分のシーケンス・フレーズを、ちゃんとテンポに合わせて弾いて欲しいですね。ディレイ音のレベルを原音と同じぐらいの大きさで鳴らしているので、ミュートをしっかりやらないと音が散漫になるので注意してください。」

とのこと。

もちろん他のポイントもレッスンではお伝えしていますが、アドバイスを参考に頑張って練習していきましょう!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

バンドの原点ということで、ファンの方にも愛されている名曲。

いつもチャレンジし続けて「CHANCE!」をものにし、目標を実現していきましょう!

時には休息も必要ですがm(_ _)m

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

埼玉
東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

北浦和ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲351〜400