こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

ギター弦張替えの時期、目安2ということで第1弾に続いてお送りしたいと思います!

長くなってしまってすいません!

 

前回に続いて最も一般的なエレキギター弦「アーニーボール」のレギュラーゲージの購入リンクも貼らせていただきますね。

いろいろな弦がありますが、使用者が非常に多い弦の一つです。迷ったら是非。通常より安く手に入ります。

https://amzn.to/2WAJk3p

 

前回の補足と言いますか続きなのですが、前回は様々な要素により弦交換の理想は3日〜1週間ほどだと書かせていただきました。

ではそれを知っている人はみんな、その頻度で交換しているのか??

ということになると思うのですが、必ずしもそうではありません。

 

様は、最終的には音や弾き心地が気になったら替えれば良いのです。
今回、最終的に言いたいのはこれです。

何だか矛盾するようですが、解説していきたいと思います!

 

ギターを始めたばかりで、音や弾き心地が気になるという人はまずいません。
いたとしたら、よっぽどの天才です(笑)

なぜかというと、耳ができていないんですね。
耳も楽器に触れていると、あるいは日頃から音楽をよく聞いていると、どんどん成長していきます。

特に楽器を始めて最初の頃は、楽器を弾いているだけで知らず知らずに耳がレベルアップしています。
なかなか自覚はできないのが残念なところですが(汗)

そうして楽器を始めてだいたい1、2年くらいでしょうか。
ある日突然

「あれ?何か音にハリがなくなってきた気がするな、、、」

という瞬間が来ます。

1日どれくらい楽器が触れていたかなどで変わってはくるのですが、そのくらいの期間でその感覚を持つ方が多いです。
あるいは「弾き心地が悪くなってきたな」かもしれませんね。

そうすると今まで切れたら替えていたギターの弦が、気になってしまうので切れる前に交換する様になりその間にも耳は成長しているので、交換頻度が早くなってきます。

3ヶ月が2ヶ月になり、2ヶ月が1ヶ月に、1ヶ月が2週間に、、、、、
という具合です。

ギターを継続して弾いていれば自然と弦交換の頻度は早くなってきますので、考えすぎる事はないかと思いますが、慣れというものはすごいものなので、少なくとも弾いているギターは1、2か月に1回は弦を交換してあげて欲しいですね!

すると良い状態の弦の音を耳が覚えてそれに慣れるので、耳の成長速度が速くなります。

音の劣化具合とかよく分からないなという方ほど試してみてください。

 

ただライブの時は別です!

ライブ中に弦が切れたら、なかなかシャレになりませんから(笑)

前日の夜などに替えておくことをお勧めします。

 

 

まだまだ話し足りないこともあるのですが、、、、、、この辺で!

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

越谷レイクタウン ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

千葉

松戸ギター教室

新松戸ギター教室

本八幡ギター教室

市川市国府台ギター教室

緑区おゆみ野ギター教室

 

 

【関連記事】

ギター弦の張替えの時期、目安 その1

 

カテゴリー:ギターメンテナンス