こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、昨日に引き続き「ディープ・パープル」の名曲をご紹介しようと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜Highway Star〜

 

 

 

 

 

 

前回の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」と同じ1972年のアルバム「マシン・ヘッド」に収録、「ハイウェイ・スター」です!

 

以前ご紹介した「BURN(紫の炎)」、昨日の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」と並び、ディープパープルの代表曲として知られている名曲です。

「BURN」と同じく間奏では「バッハ」のようなクラシック音楽のコード進行が引用されており、以前書せていただいたように「クラシックとロックの融合」を行ったディープパープルの功績は非常に大きいものであると感じることができます。

ギターリフも有名ですが、この曲の場合特にギターソロが最も知られており、ロックやメタル好きでギターを弾いている方は一度は挑戦したりコピーしたりしたことがあるのではないでしょうか。

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」同様、この曲のギターソロもしっかりと弾きこなすにはそれなりの練習が必要なので、ちゃんと弾ける人は以外と少ないかもしれません。

なんせ曲のテンポが速いですから。

ギターソロ後半はこれまた超有名な16分音符でのフルピッキングフレーズです。

なかなか難しくはありますが1弦のみで弾いている比較的指の動きも単純なフレーズなので、速弾き入門にも適したフレーズではないかと思います。

全てはチャレンジしてみることから始まりますので、興味のある方は是非一度練習してみてください!

練習ではいくら失敗しても怖くありません、むしろチャレンジしないことの方が怖いことです。

本番で失敗しなければ大丈夫です!(笑)

 

この曲もディープパープルの代表曲なので弾いてみたいと希望される方は多いですが、初心者の方にはなかなか厳しいのでギターを始めて1年くらい経ってからチャレンジした方が弾けないストレスが少なくて済むかなと思います(汗)

とはいえやってみた結果、上達してから改めて挑戦しようというのは全然ありですので。

ディープパープルの曲だったらどれでもいいから弾きたいという初心者の方には「スモーク・オン・ザ・ウォーター」や「ブラック・ナイト」をお勧めします!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

ライブアルバムである「ライブ・イン・ジャパン」(日本では「ライブ・イン・ジャパン」、外国では「メイド・イン・ジャパン」として発売された)にもこの曲や「スモーク・オン・ザ・ウォーター」は収録されており、名演として知られていますので、もしよかったら是非そちらも聴いてみてください!

このアルバム「ライブ・イン・ジャパン」はロック史上に残るライブ・アルバムの傑作として名高く、当時まだライブの演奏をCDにするということが一般的ではなかった時代、この作品のヒットを機に、後に多くのバンドが同じような日本でのライブ・アルバムを発売することになります。

その先駆けとしても意義深い作品です。

ディープパープルのライブはアドリブ演奏も多いのでムラがあったりしますが、このアルバムのものは非常に良いです!

ライブの勢いや興奮、熱が伝わってくる作品になっていますので、ロック好きなら一度は聴いてみてください!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜BURN〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Smoke on the Water〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Speed King〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Black Night〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲51〜100