こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日は「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲 まとめ」のコーナー!

久しぶりですのでまず始めに、このコーナーのコンセプトを書かせていただきますね。

このコーナーをすでに読んでいただいている方にとっては「またかよ」という感じかもしれませんが(汗)

 

このコーナーは今までに「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーでご紹介させていただいた曲の中から、初心者の方にも優しい比較的難易度の低い曲を何曲かまとめてご紹介させていただくというものです。

注意点としてこれも毎回書いていますが、比較的難易度が低いとは言ってもプロが演奏しているものなので、最初からスイスイ弾けますよというわけではありませんので、そこはご注意ください。

前回までと同じく1曲ごとの詳しい紹介は「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーで書かせていただいていますので、もし曲にご興味を持っていただいた場合はそちらの記事も是非読んでみてくださいね!

 

ということで、いってみましょう!

 

 

 

〜Immortals〜

 

 

 

(曲は0:40〜)

 

 

「Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)」の「Immortals(インモータルズ)」です!

 

ディズニー映画「ベイマックス(原題:Big Hero 6)」にも使用された曲で、登場するコードはなんと「F#m」「D」「A」「E」の4つだけ。

「F#m」はバレーコードなので初心者の方には少し大変かもしれませんが、この曲は確実に初心者向けと言って良い難易度です。

ストロークパターンもオーソドックスなもの1種類で曲のほぼ全てが通せますし、カポをつければバレーコードなしで弾くこともできます。(もちろんサウンドは変わりますが)

原曲のエレキギターのプレイはブリッジミュートの同じ音の単音フレーズとオクターブ奏法がほとんどです。

こちらも初心者向けなので、エレキギターの方もアコギの方も、この曲が好きな方は是非チャレンジしてみてください!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜Immortals〜

 

 

 

〜Young Volcanoes〜

 

 

 

 

 

 

同じく「Fall Out Boy」の「Young Volcanoes(ヤング・ヴォルケイノーズ)」です!

 

MVが制作されている曲で、フォール・アウト・ボーイのYOUTUBE公式チャンネルにも上がっているのですが、この曲のMVには一部、少し過激な表現が含まれており、閲覧の際にも年齢認証があるのでログインする必要があります。

ですので今回ご紹介させていただいたものはライブ映像なのですが、特別なアレンジはされておらず原曲にものすごく近いので、この映像だけでもかなり伝わると思います。

原曲はアコギでのプレイで終始コードストローク、登場するコードは4つで「Bm」「G」「D」「A」のみです。

初心者の方にもすごくわかりやすい曲ですので、初心者の方の練習曲にもオススメですよ!

ただ曲のリズムが16分のハネなので、そこは慣れるまではなかなか大変だと思います。

通常「Bm」コードはセーハを行うバレーコードで原曲もこのサウンドなのですが、ライブだとセーハを使わない形に変更されていますね。

この形はこの形で慣れないと少々厄介かもしれませんが、初心者の方にとってはセーハの方が苦労する場合が多いので、変更するのはもちろんアリだと思います!

テンポはそこまで速くないですが1小節にコードが2つというパターンが多いので、それに対応していけるように最初はテンポを遅くして練習していって下さい!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜Young Volcanoes〜

 

 

 

〜Castle On The Hill〜

 

 

 

(曲は0:16〜)

 

 

今、世界で最も注目されているアーティストの一人、「エド・シーラン」の「Castle On The Hill」です!

 

イントロから、世界的バンド「U2」のようなディレイサウンドが印象的です。

フレーズは終始同じなので難しくはありませんが、心地よい均一なサウンドを出し続けるのはなかなか大変だと思いますので、音にムラが出ないように練習していきましょう!

2サビ終わりのところで少しアルペジオフレーズも登場しますが、このディレイフレーズがこの曲のほぼ全てです。

しかしながらこの曲をリクエストされた生徒さんは、皆さんアコギでの弾き語りをご希望でした。

「エド・シーラン」は例え何万人の前で演奏するライブであっても、ギター1本、自分一人で演奏したりするということも、それに大いに影響しているのでしょう。

その場合はコードストロークがメインになります。

ベース音のみを変えることもありますが、登場するコードはほぼ4つ、「D(場合によってはDsus4)」「G」「Bm7」「A(場合によってはAsus4)」です。

「Bm7」は通常、セーハを使ったバレーコードで押さえることが多いですが、エド・シーランの弾き語りのように演奏するのならセーハを使わないフォームで大丈夫です。

コードだけなら間違いなく初心者向けと言える曲ですが、エド・シーランは様々なテクニックを使って曲を表現しています。

ブリッジミュートをかけて弾いたり、強弱をつけたりと、この表現はすぐにできるものではないと思いますので、じっくり取り組んでいただければと思います!

先ほど「様々なテクニック」と書いたのですごく難しそうに感じたかもしれませんが、ポイントを理解して練習していけば必ず習得できますので、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜Castle On The Hill〜

 

 

 

〜夢をあきらめないで〜

 

 

 

 

 

 

「岡村孝子」さんの「夢をあきらめないで」です!

 

甲子園の応援ソングとしても流れたり、音楽の教科書にも掲載されていたりする国民的名曲です。

この曲をリクエストされた生徒さんはアコギでの弾き語りをご希望でした。

曲の中で登場するコードは10個少々で、標準くらいの多さだと思いますが、ギターを始めたばかりの方には少し難しいかもしれません。

個人差はありますがギターを始めて1年以上が経過しているくらいならば問題なくチャレンジしていけるのではないでしょうか。

オンコード(ベース音を滑らかにするためなどの目的で、コードのベース音を変えたコード。通常のコードと押さえ方が変わる。)は多いですが、1フレットにカポをつければオーソドックスなコードがほとんどなので、コード自体の難易度はそこまで高くはありません。

右手のストロークパターンも基本的なもので弾けますので、この曲が好きな方は是非挑戦してみてください!

原曲はエレキギターのアルペジオが曲を通して印象的ですが、こちらはあまり初心者向けではないのであしからず(汗)

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜夢をあきらめないで〜

 

 

 

〜赤いスイートピー〜

 

 

 

 

 

 

「松田聖子」さんの「赤いスイートピー」です!

 

この曲も昭和歌謡を代表する素晴らしい名曲ですね!

作詞「松本隆」さん、作曲「呉田軽穂(クレダ カルホ、ペンネームで正体は松任谷由実)」さんが務められ、超豪華です。

原曲もアコギのアルペジオがよく聞こえますが、原曲の様にアルペジオプレイをしてもコードストロークをしても良いと思います。

コードは基本的に1小節に2つ、2拍ずつチェンジしていきますが、登場するコードはオーソドックスなものが多くバレーコードもあまり登場しないため、初心者の方も挑戦しやすい曲ではないでしょうか。

ストロークパターンも基本的なパターンの繰り返しで大丈夫ですが、Aメロに入る前の「チャッ、チャー」というキメはしっかりと合わせていってください!

イントロのピアノのリフもギターで再現しやすいフレーズですので、慣れてきたら是非そのフレーズにもチャレンジしてみていただければと思います。

イントロのリフが弾けるようになれば、より「赤いスイートピー感」が出ると思いますので、絶対に楽しいですよ!

さらに慣れてきたら、是非弾き語りにも挑戦してみてください!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜赤いスイートピー〜

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

今日からまた少しの間「レッスンで実際に取り扱った、初心者向けエレキギター&アコギ練習曲」をまとめていこうと思いますので、もしよろしければまたお付き合いください!

このコーナーが少しでもギター初心者の方のお役に立っていれば非常に嬉しく思います!

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲