こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

なんやかんやバタバタしまして少し更新が遅くなってしまいましたが(汗)、先週の日曜日12月3日はスクールの発表会でした!

ご出演、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

 

毎年そうなのですが、発表会は以前よりお世話になっている教室「ミュージックスクール クリエーション」と合同で行わせていただいております。

クリエーションは15年以上も続いているスクールさんで、僕は5年以上前から発表会をお手伝いさせていただいているのですが、僕がお手伝いをさせていただく前から発表会に毎年出演され続けておられる生徒さんもいらっしゃったり(すごい!)

エルギタースクールはありがたいことに多くの生徒さんにお越しいただいておりますが、まだ立ち上げて1年ちょっとのギター教室で、ギター未経験からスタートされた生徒さんが7割ほどなので、「興味はあるがステージでの演奏はまだ不安」ということで今年の出演を見送られた方が多いです。(とはいえ「来年は出演できるように練習を頑張ります!」と言っていただきました(^-^))

クリエーションの長い生徒さんは「発表会に出ないと1年が締まらない」という方も多く、毎年の風物詩になっています。(なんと大阪や福岡などから発表会に参加するために飛行機や新幹線で帰ってくるという方も!)

講師の立場からしても、生徒さんの1年間の成長を「ステージの演奏で見る」というのは非常に感慨深いものがあります。

もちろん出演は強制ではありませんし、「自分でバンドを組んでいるからステージに立つ機会がある」という方や「一人で楽しめればそれで十分」という方もいらっしゃいます。

そこは人それぞれなので何の問題もありませんが、もし少しでも興味がある方は、「ステージでの演奏は何者にもかえがたい練習と経験になる」ので、是非一度チャレンジしてみてください!

もちろん見学からでもOKです!

 

 

ということで本日は2017年の発表会の講師バンドの曲をご紹介させていただこうと思います!

いってみましょう!

 

 

 

〜2017年スクール発表会、講師バンド曲!〜

 

 

 

毎年テーマと、それに合わせて曲が変わりますが、2017年のテーマは今年亡くなられた偉大な作曲家「平尾昌晃」さんの追悼の意を込めて

「平尾昌晃メドレー」

でした。

とは言っても非常に多くの作品、ヒット曲を手掛けておられますので、その中の本当に一部、5曲をメドレーにアレンジして、ボーカル、エレキギター、キーボード、ベース、ドラムの編成でお届けしました。

 

 

 

〜必殺仕事人のテーマ〜

 

 

 

 

 

 

「必殺仕事人のテーマ」として有名なこの曲!

誰でも一度は聴いたことがあると思います。

渋いエレキギターのリードフレーズも多く、ギターも弾きごたえがあるのではないでしょうか。

 

 

 

〜草原の輝き〜

 

 

 

 

 

 

「アグネス・チャン」さんの「草原の輝き」です!

1973年にリリースされ、累計売上は100万枚を突破、翌1974年3月には第46回春の選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも選ばれました。

曲のタイトルは、エリア・カザン監督の1961年の映画「草原の輝き」に由来しているそうです。

 

 

 

〜よこはま・たそがれ〜

 

 

 

 

 

 

「五木ひろし」さんの再デビュー曲、「よこはま・たそがれ」です!

「五木ひろし」さんは1965年に「松山まさる」としてデビューし、その後に「一条英一」、「三谷謙」と芸名を変えるも全くヒットには恵まれていなかったそうです。

そこで歌手生命のすべてを賭けてよみうりテレビ「全日本歌謡選手権」に挑戦し見事10週を勝ち抜き、その結果、自身4つ目の芸名である「五木ひろし」で再デビュー、という経緯があります。

そのため、五木さんはこの曲について「自分の原点であり、全てのスタートを切った曲」であると強い思い入れを持っておられます。

発売から3ヶ月目にオリコンチャートトップ10に初登場し、7週間後には最高位である1位を記録、五木さんは第13回日本レコード大賞歌唱賞の他、第2回日本歌謡大賞放送音楽賞等、多数を受賞されました。

 

 

 

〜グッド・バイ・マイ・ラブ〜

 

 

 

 

 

 

「アン・ルイス」さんの「グッド・バイ・マイ・ラブ」です!

「アン・ルイス」さんにとって初のヒット・シングルとなった曲で、その後も数多くのアーティストさんにカヴァーされました。

いつまでも聴いていられる美しいメロディー、そこに力強くも切ない歌詞がのる、大人の楽曲ですね。

心にしみる昭和の名曲です。

 

 

 

〜カナダからの手紙〜

 

 

 

 

 

 

1978年リリース、「平尾昌晃・畑中葉子」さんによるデュエット曲「カナダからの手紙」です!

「平尾昌晃」さんご本人も歌唱されているこの曲ですが、デュエット・シングルの発売にあたり、ご自身が主宰する「平尾昌晃ミュージックスクール」の生徒さんの中からオーディションを行い、その結果選ばれた「畑中葉子」さんとデュエットすることとなったという経緯があるそうです。

お二人はこの曲で同年の第29回NHK紅白歌合戦にも出場されました。

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

若い世代の方もご存知の曲が多くあったのではないかと思います。

リリースから40年以上が経っている曲ばかりなのに、いつまでも歌われているというのは本当にすごいこと。

しかもそれが1曲や2曲ではないのですから。

「平尾昌晃」さんの偉大さを物語っているのではないでしょうか。

心より御冥福をお祈りいたします。

 

 

 

去年も書かせていただきましたが、講師バンドはシメといえばシメなのですが、あくまでも発表会の主役は「生徒さん一人一人」です。

素晴らしい体験、経験ができるように講師一同全力でサポートさせていただきたいと思っております!

 

 

成功したと喜んでおられた方、無事に終わったとホッとされていた方、上手くいかなかったと来年にリベンジを決められた方、様々な場面を今年も見させていただくことができました。

何はともあれ皆様、当日は大変お疲れ様でした!!!

 

 

そして、今年も本当にありがとうございました!!!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

2017年スクール発表会の曲紹介! 〜第1回〜

2017年スクール発表会の曲紹介! 〜第2回〜

2017年スクール発表会の曲紹介! 〜第3回〜

教室の発表会、開催場所!

 

カテゴリー:スクール関連情報