こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、ギターカッティングの鬼の曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜シャンデリヤ〜

 

 

 

 

 

 

「thee michelle gun elephant(ミッシェル・ガン・エレファント)」の「シャンデリヤ」です!

楽譜はこちらから)

https://amzn.to/2RPTJHz

 

聴いていただくと分かると思いますが、ギターのカッティングがものすごい曲です。

このスピード、この勢いで最後まで突っ走れるなど、まさに鬼神、鬼のなせる技でしょう。

ミッシェルのギタリスト「アベフトシ」さんは「鬼」と評されることがあります。

これは1997年〜1998年に行われた「thee michelle gun elephant」のライブツアーにおいて、「アベフトシ」さんの鬼気迫る演奏を見たROCKIN’ON JAPANの当時の編集長「山崎洋一郎」さんが「鬼。鬼がいた。」と評したことからきています。

そしてミッシェル解散特集の場でも「日本のロックバンド史上、あれほどまでにロックに取り憑かれたギタリストは見たことがない」とまで言われました。

他の曲でもアベフトシさんのプレイは素晴らしいですが、この曲は最初から最後まで鬼のカッティングを聴くことができます。

なんせ「♩=158」というテンポで16分音符を刻み続けているのですから。

ライブではさらに速度が上がって、「♩=170」ほどになることも(汗)

もう信じられません(^^;;

この曲は1996年にリリースされた「thee michelle gun elephant」の2枚目のアルバム「High Time」に収録されていますので、是非アルバムでも楽しんでください!

中古ならアマゾンで数百円で購入できます)

https://amzn.to/2YtqJbc

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

先ほどから書かせていただいている通り、この曲の難易度はかなり高いです。

テクニックの種類が違いますが、そんじょそこらの速弾きよりもこの曲を1曲弾き切ることの方が難しいでしょう。(もちろん最後までサウンドの勢いと力強さをキープしたままです)

カッティングを鍛えたい、あるいは腕に自信のある方は是非挑戦してみてください!

腕はパンパンになりますが(汗)、ものすごく練習になりますよ!

この曲をリクエストされた生徒さんはギター歴10年ちょっとで、レッスンにも3年以上お越しいただいている方でした。

かなり上手な方で、原曲のギターに相当近づき、最終的に原曲の90%のテンポでは弾き切ることができるようになりました!

しかしここから、あと10%がまた大変なんですけどね。。。(^^;;

引き続き精進するとのことでしたm(_ _)m

「ミッシェルのカッティングがすごい曲」といえばまず名前が上がる曲ですので、ご興味のある方は是非チャレンジしてみていただければと思います!

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

「アベフトシ」さんは2009年、急性硬膜外血腫のため42歳という若さでこの世を去ってしまわれましたが、そのギタープレイやサウンドは今も多くの人を虜にし続けています。

もしあまり知らなかったという方は、このまま少し掘り下げてみてください。

豪快なカッティング、ギタープレイがきっと心に響くと思います。

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜いじけるなベイベー〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜スモーキン・ビリー〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜アウト・ブルーズ〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜why do you want to shake?〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲251〜300