こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や横浜、浦和や松戸など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はアコギ編、ソロギターの名曲のご紹介です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜奇跡の山〜

 

 

 

 

 

 

「岸部眞明(きしべ まさあき)」さんの「奇跡の山」です!

楽譜や曲は岸部さんのサイトから購入できますので、是非チェックしてみてください)

https://www.jpp.co.jp/capo/shop.html

 

自然の雄大さなど、様々なものを感じさせる本当に良い曲ですね!

この曲は、NHK制作によるBSハイビジョン「映像詩・富士山 知られざる絶景に挑む」の音楽を、岸部さんが担当された際に番組のために書き下ろしたという楽曲で、番組のメインテーマとなりました。(「奇跡の山 富士山」のタイトルで、NHKよりDVD/ブルーレイで販売

映像作品「奇跡の山 富士山」は、四季折々に移りゆく富士山の景色を美しい色彩と見事なカメラワークで収めたドキュメンタリー番組で、季節ごとに表情を変える富士山の情景と、そのバックに流れる岸部さんのギターのサウンドが堪能できます。

番組のメインテーマ 「奇跡の山」をはじめ「山頂夕景」「雲の海」「里山の夏」「樹氷の輝き」など、番組の為に新たに書き下ろした新曲を中心にレコーディングされた作品が2006年、「岸部眞明」さんの5枚目のアルバム「奇跡の山」としてリリースされました。

タイトル曲の「奇跡の山」はアルバムの14曲目、トリを飾る曲として収録されており、他の曲も人気が高い曲ばかりです。

幾つかの曲は岸部さんのサイトで試聴することができますので、ご興味のある方は是非聴いてみてください!

https://www.jpp.co.jp/capo/shop.html#6

 

岸部さんの曲をご紹介させていただくのは初めてなので、wikipediaから引用してプロフィールを少しご紹介させていただきますと、

 

アコースティック・ギターのフィンガーピッカーとして日本を代表する一人であり、屈指のテクニックを持っている。
オープン・チューニングを用いることが多い。
中川イサト氏に師事。
2002年には、アメリカのカンザス州ウィンフィールドで毎年開催される『ナショナル・フィンガーピッキング・ギター・チャンピオンシップ』に参加し、最終予選に残った5名の一人に選ばれるという快挙を成し遂げた。
翌2003年の9月、ウォルナットバレー・フェスティバルのフィンガーピッキング・コンテストで2位を獲得した。

 

というものです。

 

この曲「奇跡の山」もオープン・チューニングで、6弦から順に「D、A、D、F#、A、D」。

ちなみにオープン・チューニングとは、すべての弦を開放弦で鳴らした時にコードの構成音になっているチューニングを指します。(有名なオープンチューニングは、オープンG、オープンDなど)

「D」コードの構成音は「D(レ)、F#(ファ#)、A(ラ)」なので、この曲の場合はオープンDチューニング、それにカポを2フレットにつけての演奏となっています。

曲の難易度は、弾くだけなら中級くらいではないかと思いますが、押さえにくいコードフォーム、指を開くコードフォームなども出てきますので、初心者の方は少しづつ慣れていってください。

ギターを始めた頃から教室に通っていただいている、ギター歴半年ほどの生徒さんが、現在この曲の練習をスタートされ、3ヶ月ほどで苦労しつつも遅いテンポなら少しづつ弾けるようになってきておられます。

所々詰まりながらではありますが、最初の頃はみんながそうですので、根気よく練習していくのが大事ですね!

曲の展開が変わる区切りのタイミングでは、度々スタッカート的な音を止める箇所があります。

そういったところを確実に表現していくことで、サウンドにメリハリをつけていけるようにしましょう!

右手も、指弾きをする位置などでサウンドが変わりますので、音量だけでなく音の硬さや柔らかさなどにも注目してみてください。

それではここで、岸部さんのライブ映像を。

 

 

 

 

とても素晴らしいですね。

例えば、映像の何箇所か(0:29頃、2:03頃)では、ネックベンド(ネックに負荷をかけて音程を少し変化させるテクニック)を使用してサウンドに「波」を作られています。

他にも「0:53頃、0:58頃、1:04頃(他にもたくさん)」では、左手のビブラートで音を揺らしていたり、「1:11頃、2:44頃など」では音をピタッと止めて、一瞬の無音を作り出されたりしているのも分かります。

色々と研究しつつ、思い通りの演奏に近づけていきましょう!

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

今年に入ってからはソロギターの曲ばかりでしたので、次回からはソロギターではない曲をまたご紹介させていただこうかと思います。

しかしソロギター、良いですよね!

色々な曲を演奏して、楽しんでいきましょう!

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

カテゴリー:生徒さんの希望曲401〜450