こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日は教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、早速いってみましょう。

 

本日の曲はこの曲です!

 

 

 

〜20th Century Boy〜

 

 

 

 

 

 

「T-REX」の「20th Century Boy」です!

 

最近だと映画「20世紀少年」の主題歌に使われていましたので、そのイメージが強い方が多いのではないでしょうか。

そもそも浦沢直樹さんの「20世紀少年」という作品のタイトルは。この曲に因んでつけられたものですしね。
映画の主題歌として使用されるのも頷けるところでしょう。

「グラムロック」の代表的なバンド「T-REX」ですが、グラムロックは当時日本でも人気があり、T-REXは武道館でライブも行っています。

1973年にシングルとして発売されたこの曲ですが、レコーディングは当時の日本の発売元であった東芝EMIのスタジオで録音されたみたいですね。

日本とも縁がありますね〜。

 

ちなみにグラムロックとは主にイギリスで1970年台前半〜中盤にかけて流行した音楽ジャンルで、男性でも濃いメイクをして古い映画やSFをモデルにしたような煌びやかでケバケバしい衣装をまとうのが特徴です。

今ではすっかり定着した「ヴィジュアル系」の元祖中の元祖ではないでしょうか。

グラムロックの代表的なアーティストは「T-REX」や「デヴィッドボウイ」などですね。

特にT-REXのリーダーである「マークボラン」はグラムロックの衰退と共に交通事故で亡くなってしまったので(29歳の若さでした)、「グラムロック=マークボラン(T-REX)」というイメージも強いです。

グラムロックと共に生きた、象徴的なアーティストでした。

 

 

そしてこの曲、ギタープレイ的にはなかなか簡単で、初心者の方でも頑張ればそこそこすぐにフレーズは弾けてしまいます。

映画「20世紀少年」が公開されていた時に5人の新規の生徒さんのレッスンで取り扱ったのですが、皆さん1曲目にチャレンジした曲だったにもかかわらず、1〜2ヶ月で弾けるようになっておられました(もちろん苦労はしながらですが)

そういう面でも良い曲ですね(笑)

出てくるコードも3つくらいですし、フレーズも優しめです。

 

 

この曲は多くのアーティストさんのライブで演奏されたり、カヴァーもされたりしています。

最後にそれを少しご紹介してみましょう。

 

 

 

 

 

イギリスのバンド「Placebo」です。

ボーカルのブライアンの手の叩き方がめっちゃプリンスっぽい(笑)

 

 

 

 

 

続いて「hide」さんのバージョン。

アレンジもされていて、しっかりとhide色が出ています。

 

 

 

 

 

こちらは「デフレパード」が「ブライアンメイ」をゲストに迎えた時の物ですね。

かっこいいです!

 

 

はい、いかがでしたでしょうか?

他にもいっぱいありますので、もしよかったら探してみてくださいね!

 

この曲は映画だけでなく、定期的にCMなどにも使われていますので、どの世代にも馴染みのある曲なのかもしれません。

弾いてみたくなったらいつでもお気軽にどうぞ!

お待ちしております(笑)

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

初心者向けエレキギター&アコギ練習曲まとめ 〜その3〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲1〜50