こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、昨日までの流れも汲み、本日の曲を選ばせていただきました。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜PLANET〜

 

 

 

 

 

 

「SUPERCAR(スーパーカー)」の「PLANET」です!

 

この曲は1998年にリリースされた「スーパーカー」の3枚目のシングルで、この作品で初めてオリコンチャート100位圏内を獲得しました。

寂しさや切なさ、力強さや荘厳さが同居したような、なんと表現すれば良いのか難しい曲ですが、胸にグッと来るということは確かでしょう。

「この曲を聴いているだけでなんだか泣きそうになる」というファンの方も多いようです。

このシングルは同1998年発売のスーパーカーの1stアルバム「スリーアウトチェンジ」からの先行シングルで、アルバム「スリーアウトチェンジ」は約300曲にも及ぶストックの中から厳選された19曲を収録した作品だそうです。

しかも、ライブで演奏するときの再現性を考えて、ほとんどの曲が一発録りで収録されているとのこと。

スーパーカーのアルバムの中でも一番好きな作品だという方も多いので、知らない方は是非聴いてみてくださいね!

 

 

そしてこの曲のギタープレイです。

原曲はギターが3、4本レコーディングされていますが、どのパートもかなりシンプルでわかりやすいです。

初心者の方も十分に挑戦できる曲だと思いますので、是非ご自分が気に入った、好きなパート(あるいはギターフレーズ)を弾いていってください!

イントロはコード4つでのプレイで、このフレーズはサビでも登場します。

このフレーズが弾けるだけでも曲の半分ほどを弾けるようになった計算になりますので、ここは必須のフレーズですね。

Aメロからはオクターブ奏法で、オクターブ奏法はフレーズは違いますがBメロでも出てきます。

右手は手首の力を抜いてある程度シャープに振りながら、余計な音が出ないように左手で必要のない弦をしっかりミュートしていきましょう!

他はパワーコードのプレイとアルペジオです。

このパートもかなりわかりやすいので、ギター歴が浅い方でもそこまで苦労はしないと思います。

アウトロにはストリングスと絡むギターの単音フレーズが出てきますが、ここもギターソロに慣れていない方の練習にぴったりな難易度。

少し難しく感じるかもしれませんが、是非チャレンジしてみてください!

弾いていてすごく気持ちの良い曲ですよ(^-^)

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

スーパーカーのギターは「いしわたり淳治(スーパーカーの時は石渡淳治)」さん。

先日からこのコーナーで曲をご紹介させていただいたバンド「チャットモンチー」のプロデューサーでもあります。

 

少しの間「いしわたり淳治」さん続きの流れで曲をご紹介させていただこうかと思いますので、もしよろしければまたお読みいただけると嬉しいです!

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Hello〜

初心者向けエレキギター&アコギ練習曲まとめ 〜その24〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜ハナノユメ〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜恋愛スピリッツ〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲201〜250