こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はアコギ編、久しぶりに「ユーミン」の曲をご紹介してみようと思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜やさしさに包まれたなら〜

 

 

 

 

 

 

「荒井由美(松任谷由実)」さんの「やさしさに包まれたなら」です!

楽譜はこちらから。ギター弾き語り)

https://amzn.to/2RRkkEn

 

おそらく皆さんご存知の、超名曲ですね!

この曲は1974年4月にリリースされた「荒井由美」さんの3枚目のシングルで、同1974年の10月にリリースされた2枚目のアルバム「MISSLIM(ミスリム)」にはアレンジを変えたアルバム・バージョンが収録されました。

ちなみにシングル・バージョンは1976年発売のベストアルバム「YUMING BRAND」に収録されています。

シングル・バージョンはアコースティックピアノを中心としたオケでテンポが比較的ゆっくりであるのに対し、アルバム・バージョンはアコギのサウンドを軸に「駒沢裕城」さんのペダル・スティール・ギターをフィーチャーしたカントリーテイストの編曲で、テンポも速めになっています。

先ほどの映像のものはアルバム・バージョンですね。

そしてこの曲はこのアルバム・バージョンの方が圧倒的に知られているのですが、それは1989年のスタジオジブリ映画「魔女の宅急便」のエンディングテーマに使用されたことが大きいでしょう。

これをきっかけに1989年12月21日にアルファレコードよりCDシングルとして再リリースされ、このシングルには(内容はシングル・バージョン)歌詞部分にこの作品は映画『魔女の宅急便テーマソング』として再び脚光を浴びていますと明記されているそうです。

歌詞もものすごく素晴らしい曲だと思いますので、是非歌詞にも注目して聴いてみてくださいね!

 

さて、少し話は変わりますが、バックを務める演奏陣にも是非注目していただきたい作品です。

この曲に限らず、初期のユーミンサウンドを支えたのはバンド「ティン・パン・アレー(当時はキャラメル・ママの名前で活動)」。

「ティン・パン・アレー」は1973年に結成された、「細野晴臣」さん、「鈴木茂」さん、「林立夫」さん、「松任谷正隆」さん、(後に佐藤博さんが参加)からなる音楽ユニットで、各メンバーの多忙により1970年代後半には自然消滅してしまいましたが、伝説のユニットです。

「細野晴臣」さん、「鈴木茂」さんのお二人は日本の音楽を語る上で外せないバンド「はっぴいえんど」のメンバーですしね。

「はっぴいえんど」の名曲「風をあつめて」は以前このコーナーでご紹介させていただきましたので、もしよろしければそちらもご覧になってみてください。

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜風をあつめて〜

 

ということで、本当に眩しすぎる方々です。

さらにアルバム「MISSLIM」のコーラスアレンジを担当されたのはブレイク前の「山下達郎」さんで、達郎さんはこれ以降1979年の「OLIVE」まで約5年間、コーラス(アレンジャー)として作品に参加されました。

う〜ん、なんという豪華メンバーなんだ、、、。

そして達郎さんは以前のインタビューでギタリスト「鈴木茂」さんについてこう語られています。

 

「日本人で一番好きなギタリストをあげろといわれたらやっぱり茂でね 〜中略〜 ユーミンの「ミスリム」にはいってる「 やさしさに包まれたなら」の間奏なんか、この世のものじゃないですよ。」

 

4小節の短いフレーズですが、本当に秀逸なプレイをされています。

弾くのが難しいフレーズとかそういうことではなくて、サウンドのコントロールが完璧です。(こんなサウンドは出せないということを考えれば難しいフレーズと言えるかもしれませんが(汗))

「吉川忠英」さんのアコギ、「瀬戸龍介」さんの12弦ギター、「駒沢裕城(コマコ)」さんのペダル・スティール・ギターと、全体のアンサンブルを感じつつ、是非1曲を通してサウンドを楽しんでくださいね!

 

 

それではこの曲のギタープレイ(アルバム・バージョン)です。

ペダル・スティール・ギター以外にもアコギが2本とエレキが1本ほどレコーディングされていますので、どのパートを弾くのかで変わります。

エレキはオブリなど、オカズフレーズで曲を盛り立てており、アコギ2本はそれぞれコードストロークとアルペジオ。

弾き語りなどをする際は、メインのアコギのどちらか、もしくはどう演奏したいかによって弾き分けるのも良いと思います。

コードストロークパートのアコギはカポを6フレットにつけてのコード弾き。

イントロでは「チャツツ、チャツツ、チャツツ、チャツツ、チャラララ」という印象的なリズムが聞こえます。

見やすいように「、」で分けましたが実際は隙間はなく、1小節の16分音符16コが「3、3、3、3、4」の塊で構成されており、ピッキングはオルタネイトで良いですが、ピッキングの強弱を上手く使い分けてアクセントをつけていけるようにしましょう!

「チャ」のところが強、「ツ」の所が弱、「ラ」の所が弱〜中くらいのイメージです。

文章ですと伝えるのが難しいですが(汗)、雰囲気は伝わりましたでしょうか?

アルペジオパートはある程度の速いフレーズなので、ミスなく弾ききるにはそれなりの練習と期間が必要になると思います。

とはいえ、こういったフレーズは色々な曲で比較的よく登場しますので、是非マスターできるように頑張ってください!

ピックで弾くのも、指で弾くのもどちらでもOKかと思いますので。

エレキパートはフレーズを弾くことよりも、ニュアンスを再現することがものすごく難しいです。

ですがそこが真骨頂でもありますので、できるだけ近い雰囲気が出るように色々と試行錯誤をしてみてください!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

初期ユーミンの他の曲でも「ティン・パン・アレー」のサウンドは聴くことができます。

そして気に入ったらリリースされている2枚のアルバム「キャラメル・ママ」(1975年)と「TIN PAN ALLEY 2」(1977年)も探して聴いてみてください!

そうやってどんどん音楽が好きになっていくとともに詳しくなっていくんですよね。

 

最近は通販やデジタルミュージックの登場もあり、本当に曲を探すのが楽になりました。

実のところダウンロードは、CDと比べてレコード会社に利益が全然出ないので(汗)、良い面もあれば苦しい面もあるかと思いますが、今まで出会うことがなかった(出会うのが難しかった)音楽とも、手軽に触れあえることができるようになりました。

それはとても良いことだと思います。

 

皆さんも色々な音楽を楽しんでくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

北浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜恋人がサンタクロース〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜風をあつめて〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜赤いスイートピー〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲251〜300