こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、一般的にはあまりメジャーではない曲ですがギター好きにはたまらない一曲です!

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜Decadence Dance

 

 

 

(曲は0:13〜)

 

 

 

「Extreme」の「Decadence Dance」です!

 

このコーナーで「エクストリーム」の曲をご紹介するのも2曲目!

やっぱりかっこいいですね!

 

この曲は1990年発売、エクストリームの2枚目のアルバム「ポルノグラフィティ」の1曲目に収録されており、シングルカットもされました。

このアルバムは名曲ぞろいの名盤ですので、まだ聴いたことがないという方は是非一度聴いてみてください!

ちなみに日本のバンド「ポルノグラフィティ」ですが、バンド名はこのアルバムからとっているそうです。

ですので「ポルノグラフィティ」ファンの方も是非聴いてみてくださいね(笑)

 

エクストリームはどの曲もギターが非常にカッコいいことで有名ですが、その中でもこの曲は特に人気が高いです。

ギターの「ヌーノ・ベッテンコート」が好きだという人はミュージシャンでも大勢いますし、この曲のギターをヌーノのベストプレイのうちの一つに挙げる人も少なくありません。

イントロからリフ、バッキングからギターソロ、そしてエンディングまで、ずっとギターソロを弾いているんじゃないかというくらいの曲です(笑)

でもそれが適度な塩梅で、どのフレーズもかっこいい!

この曲から入って、その後エクストリームファン(ヌーノファン)になった人も多いです。

気に入った方は是非ギター演奏にチャレンジしてみましょう!

 

そしてこの曲のギタープレイです。

嬉しいことにこの曲はエクストリームの中では比較的簡単な方です。

とはいえ、ほとんどの曲がかなり難しいので、簡単といっても難易度は結構高いのですが(汗)

ブリッジミュートテクニックからスライド、チョーキング、ピッキングハーモニクス、ハンマリング、プリング、タッピングなどなど、、、、、ギターの色々なテクニックを駆使して曲を盛り立てていきます。

ギターのニュアンス(表現)もとても重要なので、フレーズを弾くことだけにとらわれず自分の演奏を録音などしながら、原曲のようなノリとサウンドが出ているかを突き詰めていきましょう!

弾けるようになれれば非常にカッコいい&達成感のある曲ですので、是非チャレンジしてみてくださいね!

曲のサウンドを再現する方法は重要なポイントがありすぎて、とても文章だとお伝えできません(汗)

レッスンでは細かく丁寧にお伝えしていますので、ご安心ください(笑)

レッスンで実際に体験していただければ、きっと新たな発見が多くあると思います!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

最後にこの曲のライブ映像をご紹介して終わりにさせていただきますね!

ライブでは多くのアドリブプレイが入ってきて、また違った感じが楽しめると思います。

 

じっくり堪能してください!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Cupid’s Dead〜

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜More Than Words〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲51〜100