こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や秋葉原など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

※この度、オンラインレッスンコースを開講致しました!

【ご自宅にいながらレッスン】オンラインレッスンコースはこちらから

 

本日もギター音楽理論のコーナーを進めていきたいと思います!

今回の内容は、前回に続いて「オンコード」「分数コード」について。

前回で、「オンコード、分数コードとはどういうものなのか」ということはご理解いただけたという前提で、今回はコードを問題形式で出題していこうと思います。

もちろん正解は一つではなくいっぱいありますので、解答例と違っても正解の可能性は大いにあります!(間違っている可能性もありますが(^^;;))

少しでも「あれ??」となった方は、レッスンで何でもお気軽にご質問ください!

 

それでは、いってみましょう!

理論に興味のある方は書籍も色々出ていますので、読んでみるのも良いと思います。ただ、「うっすらなんとなく理解したような、、、」という状態で、実際の演奏で使うことができないという方がものすごく多いので、ちゃんと理解している人に補足説明してもらうのが一番良いでしょう。)

https://amzn.to/2KobDQO

https://amzn.to/2YxNRFs

・また、今回の内容をもとに、ベーシックなコードフォームを見直してみるのも良いかもしれません。

https://amzn.to/2RTUBv0

・おさらいと発展系

https://amzn.to/2RT9mOu

 

 

 

〜問題〜

 

 

 

まずは1問目。

「C onG(C/G)」です。

 

 

 

答え(↓)

 

IMG_1514

 

 

いかがでしょうか?

正解していましたでしょうか?

 

説明をしますと、基本になっている形がこの「C」のフォームです。(↓)

 

 

IMG_1513

 

 

これの近くで、低い「G(ソ)」の音は6弦の3フレットにあります。

ですのでこの場合は足すだけでOKですね。

そうすると先ほどの形が出来上がります。

ちなみに押さえ方は、6弦が薬指、5弦が小指、4弦が中指、2弦が人差し指です。

 

他にもこんな「C onG(C/G)」の形もあります。

 

 

IMG_1516

 

 

これも正解の一つですね。

これの元になっている「C」の形は、5弦ルートでご紹介させていただいたメジャーのフォームです。(↓)

 

 

IMG_1515

 

 

これの近くの「G(ソ)」の音というと、先ほどと同じく6弦の3フレットにありますので、それを足せば完成です。

ちなみにこの形のうち、4弦5フレット「G(ソ)」、3弦5フレット「C(ド)」、2弦5フレット「E(ミ)」の3音だけでも「G onB」コードになります。

なぜなら、「Gの音が一番低い音になっている」という点と、「Cコードの構成音であるド、ミ、ソが全て含まれている」という点を満たすからです。(場合によっては構成音はわざと省略したりすることもあるので、少々ややこしいですが)

しかしながら、ベース音にしたいのに音域が高くなってしまうことや、他の弦の音を省略する意味がないので(ある場合は別ですが)、それはまず使いません。

 

 

さあ、それでは次にいきましょう!

「A onC#(A/C#)」です。

 

 

 

答え(↓)

 

 

IMG_1517

 

 

もちろん他にも正解はありますが、これがもっともよく使う形でしょう。

この「A」の形が基本となっており、(↓)

 

 

IMG_1518

 

 

この近くで「C#(ド#)」の音は5弦4フレットなので、それを組み合わせれば完成、先ほどのフォームになります。

1弦の開放は鳴らしてもOKなのですが、先ほどのフォームで鳴らすことはほぼ不可能でしょう。

もちろんゆっくりじっくり押さえればできることもありますが、演奏中にじっくり押さえられる機会はまずありませんので、悲しいかな、時間をかければできたとしても実戦では無意味です(^^;;

本番で一か八かは危険すぎますね(汗)

 

他に、例えばこういう形もあります。(↓)

 

 

IMG_1519

 

 

これの形も、なぜ「A onC#」になるか伝わっていますでしょうか?

前回の記事でご紹介させていただいた「G onB」のフォームの、ずらしバージョンでもありますね。

6弦ルートの、この「A」の形が基本となっており、(↓)

 

 

IMG_1478

 

 

近い「C#(ド#)」の音は5弦4フレットなので、組み合わせると完成です。

OKですかね?

 

 

それでは最後!

「F onA(F/A)」です!

 

 

 

答え(↓)

 

 

IMG_1520

 

 

今回のブログは縦長になってしまって申し訳ないですが、もう少しで終わりますので(^^;;

これは6弦ルートの「F」の形が基本となっており、(↓)

 

 

IMG_1452

 

 

5弦の開放の音が「A(ラ)」なので、それを組み合わせると先ほどのフォームになります。

 

他にも、こういう形も正解。(↓)

 

 

IMG_1522

 

 

これは5弦ルートの「F」コードと、(↓)

 

 

IMG_1521

 

 

5弦の開放の「A(ラ)」音の組み合わせですね。

 

そして最後にもう一つご紹介。

ややこしくなりますが、これが理解できればここまでの内容は完璧だということでしょう!

こういう形もあります。

 

 

IMG_1523

 

 

これは5弦の開放の「A(ラ)」音は引き続きですが、基本フォームが変わっています。

基本フォームも5弦ルートの「F」なのですが、お馴染みの「C」のフォームをずらしたものです。(↓)

 

 

IMG_1525

 

 

これの5弦を開放にすれば、先ほどの形です!

ちなみにお馴染みの「C」とはこれです。(↓)

 

 

IMG_1513

 

 

こちらの「C」は3弦と1弦は開放なので押さえる必要はありませんが、先ほど「F」の様に、このフォームをずらすなら開放もずらすので、押さえなくてはいけなくなる!ということですね。

ちょっとややこしくなったかと思いますが、いかがでしょうか?

 

本日はこれにて終了!

いや〜、長かった長かった。(すいません)

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

コードに対する理解は深まってきましたでしょうか?

次回も引き続いて、「オンコード、分数コード」について書いていきたいと思います!

これまで、オンコードがどういうものなのかや、オンコードの作り方をやってきましたので、次回は使い方や使われる場面などについて書かせていただこうかと。

また長くなりそうな予感がしますが(汗)、大事なことなので是非お付き合いください!

 

楽しく読んでいただけていますでしょうか?

それもすごく気がかりです(笑)

感想お待ちしてま〜す(^^;;

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

【関連記事】

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜ルートを知ろう〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜6弦ルートのコード〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜6弦ルートのコード 問題編〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜5弦ルートのコード〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜5弦ルートのコード 問題編〜

知ってると便利!ギター音楽理論講座 〜オンコード、分数コードとは〜

 

カテゴリー:ギター音楽理論