こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日はギター用語事典、よく使う音楽用語紹介の第2弾ということでお送りしたいと思います。

初心者の頃は謎の用語も多いので、それらの意味を理解することでギターの演奏や音楽に繋げていっていただきたいですね!

 

それでは、いってみましょう!

音楽用語の基礎知識という本です。ご興味のある方は)

https://amzn.to/2ZGm85J

 

 

 

〜よく使う音楽用語〜

 

 

 

・ストリングス

一般的に4つの弦楽器、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスのアンサンブルのことです。

特にJ-POPに多いと思いますが、色々な曲にこれらの楽器の綺麗なハーモニーが録音されているのを聴くことができると思います。

「この曲はストリングスのアレンジがすごく良くて〜」とか、

僕も以前のブログに「ストリングスが美しい」などを書いたと思います。

ちなみにキーボードの音色にも「ストリングス」というものがあるので、そちらとの区別は文脈や雰囲気で判断してください(笑)

それはそれで綺麗な音色ですが、オーケストラのようなサウンドを求めている場合は本物の楽器には敵いません。

そして最近は技術の進歩で、本物のストリングスに近いようなサウンドがパソコンで作れたりします。

もちろんプロが演奏したストリングスには敵いませんが、それを作成するミュージシャンによってクオリティはかなり高くなるので、予算の関係からパソコンで作ってしまうということも増えています(悲)

 

 

・クリック

一定のリズムを刻んでくれるデジタル・メトロノームのことです。

「クリック」と同じ意味なのですが「ドンカマ」と言う人もおり、国産初のリズムマシンが「ドンカマチック」という商品名だったために、その略称がいつのまにかデジタルメトロノーム全般をさして言うようになったとのことです。

「クリック」は練習の時にも使いますが、レコーディングの時にもクリックを聴きながら録音していくことがほとんどです。(もちろん完成した音源にはクリックは入っていません)

最近では「同期物」も多いので、ライブでもクリックを聴きながら演奏する機会が増えたかもしれません。

 

 

・同期物

パソコンなどにあらかじめ作成された演奏に合わせて演奏する曲のことで、大抵はクリックと同期させて演奏するのでそのように呼ぶそうです。

例えばCDの音源だとストリングスがとても目立っているが、会場の都合や人の都合、予算の都合などでストリングス隊の方々を呼べないことも多くあります。

そういう時はパソコンでストリングスの音源を流しながら演奏するわけですね。

パソコンの音源は人の演奏に合わせてはくれませんから、クリックを同時に流しています。

ミュージシャン側はそれを耳の中(イヤーモニターなど)で聞いていてそのクリック音は外には出ていませんので、お客さんがクリック音を聴くことはありません(トラブルでもなければ(汗))

もちろんいきなり曲が始まると誰も合わせられませんので、同期の音源は通常、最初に「カウント」が入ります。

ちなみに流す音源のことを指して「同期」という言葉の方が圧倒的に使われることが多いです。

「この曲の同期が〜」とか、

「この曲でも同期流してもらって良いですか?」

「えっ!?今回、同期ないんですか!うわ〜、マジか」

みたいな感じで使います。

 

 

・カウント

合図のことで、ほとんどは曲を演奏し始める時に使います。

「シングルカウント」と「ダブルカウント」がありまして、シングルカウントの方はおそらくみなさんもおなじみ、

「ワン、ツー、スリー、フォー」

というやつです。

テンポが速い曲やカウントの途中から始まる曲だとダブルカウントがよく用いられます。

こちらはシングルよりもイメージがつきにくいと思いますが、言葉で説明すると、

「ワン、 、ツー、 、ワン、ツー、スリー、フォー」

です(汗)

 

 

・レガート

一般的には「音と音の間に切れを感じさせず,滑らかに続けて演奏する方法」となっていますが、ギターの場合は「ハンマリング」「プリング」「スライド」などの奏法を使って、ピッキングの回数を減らして演奏するフレーズのことを指す場合が多いです。

そういうフレーズを「レガートフレーズ」と言います。

ギターソロでレガートフレーズを多用するのは有名なところだと「B’z」の「松本孝弘」さんですね。

エレキギターの滑らかな速弾きを色々な曲で聴くことができます。

「このレガートフレーズを弾くコツは〜」

などのように教則本で出てきたり、

「ギターソロのレガートは気に入っているんだ」

とアーティストさんがインタビューに答えていたりします。

 

 

 

はい、いかがでしたでしょうか?

 

本日もお送りしました第2弾。

できるだけ今の業界や現場のことも織り交ぜながら、わかりやすく書いたつもりでございます。

文章で伝わらない部分は、是非レッスンにいらして直接ご質問ください!

 

また近々、第3弾もお送りしたいと思いますので、よかったらまたみてくださいね!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

北浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

 

 

【関連記事】

ギター用語辞典! 〜よく使う音楽用語〜

ギター用語辞典! 〜よく使う音楽用語3〜

 

カテゴリー:ギター雑学