こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や府中など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も昨日に続いて「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲 まとめ」のコーナー!

今回も続けてなので、毎回書かせていただいているこのコーナーのコンセプトは省略させていただきたいと思います。

このコーナーを初めてご覧になる方は前回までの記事も見ていただいて、コンセプトをご理解いただければと思います!

1曲ごとの詳しい紹介は「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーで書かせていただいていますので、そちらへのリンクは引き続き貼らせていただきますね。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜車輪の唄〜

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=x9S9oygUEW0

 

 

 

「BUMP OF CHICKEN」の「車輪の唄」です!

リンクからはYOUTUBEで公式のPVが観れますので、ご興味のある方は是非ご覧になってみてくださいね。

 

この曲は言わずと知れた超人気曲&有名曲なのでご存知の方も多いでしょう。

この曲はドラムがブラシで演奏されていることも少し特徴的ですが、バンジョーも頻繁に使われています。

非常に印象的なサウンドで、これがカントリーっぽさを醸し出していますよね。

ポップスでもたまに使われることがあるバンジョーですが、ギターと同じ弦楽器、音質は違いますがギターでも同じフレーズは演奏できます。(同じ弦楽器でなくとも演奏できますが)

TAB譜ではないので音符を読まなければなりませんが、非常に印象的なフレーズですのでリードギターの方は是非弾いてみてください!

バンプらしく実に多くのエレキギターパートがレコーディングされていますので、目立つところや好きなところ、印象的なところなどを組み合わせていきましょう!

ギター1本で演奏しなければならない時は、基本的にコードストロークのパート一択でしょう。

この曲もバンプらしく「半音下げチューニング」なので、まずは全ての弦の音をレギュラーチューニングから半音下げてください。

そうすればこの曲はバレーコードなしで演奏できますので、コード的にはギター初心者の方にも嬉しい感じです。

ただストロークが16分で曲もミディアムテンポなので、右手の動きはある程度速くなります。

慣れている方は問題ないと思いますが、初心者の方はテンポを遅くして少しづつ慣れていきましょう。

ストロークパターンも規則正しいものですが、間違った振り方をしないように空ピッキングを混ぜつつ、必ず正しい弾き方を身につけてください。

リズムがしっかりと刻めるようになったら、この曲っぽさを出すにはアクセントがものすごく重要ですので、強弱も意識できるようにしてくださいね。

もちろんレッスンでは全てしっかりとお伝えしていますので、ご安心ください!(^^)

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜車輪の唄〜

 

 

 

〜ray〜

 

 

 

 

 

 

「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」の「ray」です!

 

この曲は2014年3月12日にリリースされた「BUMP OF CHICKEN」の通算7枚目、メジャー5枚目のアルバム「RAY」に収録されている曲で、アルバムのタイトル曲。

これまでのバンプのアルバムは、アルバム収録曲をタイトルに使うことはありませんでしたから、この「ray」がバンド初のアルバムタイトル曲となりました。

この曲は今までのバンプの曲の歌詞の内容とは打って変わって、非常にポジティブなものとなっており、多くのファンを驚かせたようです。

バンプの曲らしく多くのエレキギターパートがレコーディングされていますが、基本となるのはコードバッキングのパートと、アルペジオなどのリードギターのパートの2パートが要です。

打ち込みサウンドも多く使われていますので、原曲の雰囲気に近づけてバンドで演奏する場合は、できるだけそのサウンドも再現しましょう。

ギター1本だと再現はしんどいはしんどいですが、キーボードや打ち込みなどその他のパート次第で何とかはなります。

一人で演奏する場合などは、メインのパートを上手く組み合わせていきましょう!

チューニングは、バンプの曲は全て半音下げチューニングだからだと思いますが、市販の譜面は「全弦半音下げチューニングの上、カポを2フレットにつける」となっています。

カポをつけると、チューニングを半音下げにする意味はあまりないので、レギュラーチューニングのままやりたい方は単純にカポを1フレットにつけると良いでしょう。

ギターソロ以外はそれほど難しいフレーズは登場しないので、ある程度初心者の方も頑張ればいけると思います。

とは言ってもバレーコードなどは普通に出てきますし、フレーズの種類も単純ではないので、ちゃんと練習できている上でギター歴が1年以上はあった方が良いのではないかと思います。

そこそこ慣れている方は、ギターソロを原曲の速さで弾くことにもチャレンジしてみてください!

ギターソロの前のDメロ部分では同主調的な転調もあったりしますので、そこも要チェックですね。(ギターのkeyでいうと「D(Bm)」から「F(Dm)」に」

ギターソロ前の部分はコード進行が「D♭sus4」→「D♭」、「B♭sus4」→「B♭」と動きます。

キーは違いますが、進行自体は「渡辺美里」さんの名曲「My Revolution」などで使われている「小室哲哉」さんの転調手法の一つで、これを聴くだけで胸が熱くなります(笑)

もしよろしければ「My Revolution」のサビに行く前、チェックしてみてください。

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜ray〜

 

 

 

〜ガラスのブルース〜

 

 

 

 

 

 

「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」の「ガラスのブルース」です!

 

バンプにとって非常に重要な曲で、ライブではアンコールの定番となっている曲。

ボーカル・ギターの藤原さんが16歳の時に書いた曲で、バンドがまだデビューする前の10代の頃、Beat Brust in Japanの全国大会でグランプリを受賞するなど、いくつかの大会で優勝を獲得した曲でもあります。

藤原さんは年少期からピアノを習い、その頃から既に作曲をしていたそうですが、それにしても10代でこの曲の完成度はすごいですよね。

また、これ以前の曲は全て歌詞が英語だったそうですが、この曲で初めて日本語の歌詞を書いたということです。

それでこの完成度というのも、またまたすごいですよね(^^;;

この曲も他のバンプの曲同様チューニングは半音下げですので、すべての弦の音をレギュラーチューニングから半音下げていきましょう。

原曲はエレキギターが3本ほどレコーディングされていますが、基本的にはバッキングパートとリードパートの合計2本あればまかなうことができます。

ギター一人で演奏する場合はいつものようにオイシイところを組み合わせるなどして、曲の雰囲気を出せるようにしましょう。

パワーコードを中心に、ブリッジミュートやオクターブ奏法、アルペジオといったギターの基本的なテクニックが満載の曲で、本当に基本的なことばかりが要求されるのですが、バレーコードは当たり前のように出てきますし、曲のテンポも♩=182ほどと結構速いです。

これをミスなく、疾走感たっぷりに弾きこなすにはギターをある程度ちゃんと扱える必要がありますので、初心者の方には実は難易度の高い曲かもしれません。

決して難しい曲ではないのですが、基礎力が大きく要求される曲です。

とはいえ、あくまでも「原曲のテンポだと」という意味ですので、本当に基本的なことばかりが登場しますし、ギター初心者の方も練習して損はない曲だと思います。

弾きこなしていけるように、正しい弾き方や押さえ方などをしっかりと覚えていくようにしましょう。

本当に大事な基礎なので間違って覚えると後が大変ですし、間違ったままでは絶対にちゃんと弾けるようになりません。

気をつけてくださいね!

もちろんレッスンでは正しい弾き方をお伝えしていますので、ご安心いただければと思いますm(_ _)m

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜ガラスのブルース〜

 

 

 

〜ダイヤモンド〜

 

 

 

Unknown

 

 

 

「BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)」の「ダイヤモンド」です!

 

残念ながら探しても映像などはなかったので、レコチョクの試聴へのリンクを貼らせていただきますね。

 

http://recochoku.jp/song/S13700410/

 

試聴では1サビの直前から、2コーラス目のAメロ終盤までを聴くことができます。

だがしかし!!!

この曲は特に冒頭の歌い出しがいいんですよねえ。

イントロも何もないところからギター弾き語りのような形で始まり、「何回転んだっていいさ」の歌詞が鮮明に響き渡ります。

所々混じる「Dsus4」コードの広がる響きが、ボーカル・ギターの藤原さんの声と相まって、一瞬でグッと心を掴まれるんですよね。

曲のラストの終わり方も素晴らしいので、個人的にこの曲で特に聴いていただきたいところは、最初と最後です。

とは言っても、曲は切り取るものではありませんので、是非全部聴いてください(^^;;

2000年9月20日にリリースされた「BUMP OF CHICKEN」の通算2枚目のシングルで、メジャー1枚目のデビューシングル作品です。

他のバンプの曲同様この曲も半音下げチューニングなので、まずは全ての弦の音をレギュラーチューニングから半音下げていきましょう。

原曲はアコギが1本とエレキギターがセクションによっては3本ほどレコーディングされていますが、基本的にはギターが2本あれば大丈夫でしょう。

アコギの弾き語りスタイルでも良いですが、原曲の感じをギター1本で再現するときはエレキギターのサウンドを調整して、それぞれのパートのオイシイところを組み合わせていってください!

メインのバッキングパートは8分音符をダウンアップの規則正しいストロークで右手を振り、空ピッキングを正確に行ってリズムを刻んでいきましょう。

これが一番重要です。

それほど難しい曲ではありませんのでギター初心者の方も練習次第でなんとかなるかと思いますが、ギターソロやオブリでは初心者の方には少し難しいフレーズもあるので、弾きたい方は練習を頑張りましょう!

サビの終わりにはユニゾンチョーキング(ダブルチョーキング)も出てきますので、音程には気をつけてくださいね!

フレーズはわかりやすいものが多いので、ギターにある程度慣れている方はスムーズに進めていけるのではないでしょうか。

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜ダイヤモンド〜

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

いつもは基本的に5曲ご紹介させていただいていますが、今回はバンプの曲ばかりでキリが良いので4曲で終了にしようと思います。

どの曲もテンポの速さがネックにはなると思いますが、フレーズはわかりやすいものが比較的多いので、好きな曲があった方はギター初心者でも是非チャレンジしてみてください!

もちろんレッスンでの解説アリですが、「車輪の唄」と「ダイヤモンド」の2曲は、ギターを始めてから半年ほどでチャレンジされた方もいらっしゃいますので。

「ガラスのブルース」と「ray」はギター歴1年ほどの場合は、どうしてもという場合以外は避けた方が無難かもしれません。

 

しかしながら、ゆくゆくはどんな曲でも弾きこなせるように練習を頑張っていきましょう!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

北千住ギター教室

五反野ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

北赤羽ギター教室

板橋ギター教室

埼玉
東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

浦和ギター教室

北浦和ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲