こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー!

今日はエレキギター編、まぎれもない天才の楽曲です。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜歌舞伎町の女王〜

 

 

 

 

 

 

1998年発売、「椎名林檎」さんの2枚目のシングル「歌舞伎町の女王」です!

 

ものすごくかっこいいですね!

この曲は椎名林檎さんが福岡から上京して渋谷のレコードショップでアルバイトをしていた頃、帰宅の際にSMクラブのスカウトマンにしつこく話を持ちかけられたことから着想を得て、風俗をテーマに東京都新宿区歌舞伎町を舞台に作られたという楽曲です。

椎名林檎さん自身、製作し終えた時点では実際に歌舞伎町へ訪れたことは無かったそうですが、大まかなアレンジを含め30分程度で完成させてしまったと答えられています。

大まかにとはいえこんな曲を30分程で完成させたのもすごいですが、もっとすごいのはこの曲の歌詞です!

この曲を聴いたこと、歌詞を見たことはありますでしょうか?

世界観や言葉選びのセンスなどなど、本当にずば抜けています。

しかもこの曲を書いた時、椎名林檎さんはまだ19歳。

こんな19歳、信じられます?

誰もが認める、そして放っておかれない天才というのはこういうことです。

音楽ですので当然好き嫌いはあると思いますが、これを天才と認めない人はいないのではないでしょうか?

ちなみにこの曲、現時点でアマゾンに16件のレビューがあったのですが、16件全ての方が星5つの満点をつけていました。

僕もつけるとしたら間違いなく満点をつけます。(僕のことはどうでもいいですけど(笑))

 

そしてこの曲のギターを弾いている方は「西川進」さんです。

以前このコーナーでご紹介させていただいた曲「God knows…」の時にも「西川進」さんを少しご紹介させていただきましたが、スタジオミュージシャンとしても一流の超重要ギタリストですので、ギターを弾いている方やこの曲のようなギタープレイが好きな方は絶対にチェックしておいてくださいね!

この曲のギタープレイは派手なものではありませんが、絶妙に曲を盛り立てる素晴らしいプレイです。

コードを弾きながらのアルペジオプレイやオカズの入れ方など勉強になるところが非常に多いので、是非コピーしてみてください!

しかしながら弾いてみると結構難しいです(汗)

すごく難しいフレーズがあるとかではないのですが、コードチェンジのタイミングがシビアだったり、プレイの一つ一つが繊細なので、ミスなく流れるように弾ききるのは大変です。

最初はテンポを下げて、少しづつ習得していきましょう!

初心者の方にはなかなか難しい曲ですが、イントロの印象的なギターフレーズは弾くだけなら比較的簡単なので、一部分だけでも!という方は是非一度弾いてみてくださいね。

ちなみにもう一本のギター(サイドギター)パートは、バレーコードさえ問題なければ基本的なストロークとブラッシングで弾けるので、初心者の方も大丈夫です。

ただ毎回言っていますが、弾きたいものを弾く!、そして一度チャレンジしてみる!、ということは何よりも大事なことなので、この曲が好きな方は挑戦してみてください!

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

僕も大好きな曲で(椎名林檎さん自体大好きですが)、ご多分に洩れず当時衝撃を受けました。

この曲も収録されている椎名林檎さんのファーストアルバム「無罪モラトリアム」は間違いなく名盤なので、そちらも是非アルバムごと聴いてみてください!

このアルバムのギターは全曲「西川進」さんが担当されていますので、西川さんのギターも堪能できます。

 

 

一枚で2度おいしいアルバムです!!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜丸の内サディスティック〜

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜NIPPON〜

 

カテゴリー:生徒さんの希望曲51〜100