こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲 まとめ」のコーナー!

毎度しつこいかもしれませんが、今回も一応書いて良いですか?コンセプト(笑)

 

このコーナーは今までに「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーでご紹介させていただいた曲の中から、初心者の方にも優しい比較的難易度の低い曲を何曲かまとめてご紹介させていただくというものです。

注意点としてこれも毎回書いていますが、比較的難易度が低いとは言ってもプロが演奏しているものなので、最初からスイスイ弾けますよというわけではありませんので、そこはご注意ください。

前回までと同じく1曲ごとの詳しい紹介は「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーで書かせていただいていますので、もし曲にご興味を持っていただいた場合はそちらの記事も是非読んでみてくださいね!

 

ということですm(_ _)m

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜ヒカリへ〜

 

 

 

 

 

 

「miwa」さんの「ヒカリへ」です!

楽譜はこちらから)

・バンドスコア

https://amzn.to/2IH4qJM

・ギター弾き語り

https://amzn.to/2IHEnlC

 

この曲はフジテレビ系月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の主題歌で、miwaさんがドラマの台本を読んで書き下ろしたという楽曲です。

ギタープレイですが初心者の方にも超優しい作りで、イントロ〜サビまでなんと2つのコードで弾けてしまいます。(しかも動きの少ないコード)

サビのコードもそんなに難しくない上に、この曲、初心者の壁とも言われているバレーコードが一切出てきません!

それを考えて制作されたわけではないでしょうが、まさにギター初心者のためにあるような楽曲です。

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜ヒカリへ〜

 

 

 

〜Smoke on the Water〜

 

 

 

 

 

 

「ディープ・パープル」の「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です!

楽譜はこちらから)

https://amzn.to/31UjpYg

 

「ロック史上最も有名なイントロを持つ曲」と言われている曲で(1番かはわかりませんが、最も有名な部類に入るのは本当です)、このギターリフを聴いたことがない人はいないのではないか、という曲です。

この曲を弾いてみたいというロック好きの方は結構多いのですが、この曲のギタープレイはギターソロ以外は本当に簡単なので数回のレッスンで弾けるようになります。

今までに数多くのギターが初めてという生徒さんがこの曲を弾きこなしてきました。

そこまで苦労せずにロックギターの雰囲気を味わえる名曲でもありますので、是非チャレンジしてみてください!

ギターソロだけは全く初心者向けではありませんのでご注意を(汗)

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Smoke on the Water〜

 

 

 

〜Want You Bad〜

 

 

 

 

 

 

「オフスプリング」の「Want You Bad」です!

楽譜はこちらから)

https://amzn.to/2Ncevmm

 

疾走感が最高な、オフスプリングの中でも人気が高い曲です。

テンポは速いですが、ギターは特に難しいことはしていないので覚えやすい曲といえるでしょう。

コードはほとんどがパワーコードで、ブリッジミュートとブラッシング、オクターブ奏法を使うといった感じです。

そういった基本テクニックを習得していくにもぴったりの曲なのではないでしょうか。

原曲のような疾走感を初めから出すのは至難の技ですが、初心者の方も取り組んで行きやすい曲だと思いますので、テンポを遅くして少しづつ練習していってください!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Want You Bad〜

 

 

 

〜American Idiot

 

 

 

 

 

 

「グリーン・デイ」の「アメリカン・イディオット」です!

楽譜はこちらから)

https://amzn.to/31Pe8RL

 

非常にポップなノリの楽曲ですが、内容は当時イラク戦争に走ったアメリカを痛烈に批判したものになっています。

「アメリカン・イディオット」はシングルでもありますが、グリーン・デイの同名アルバム「アメリカン・イディオット」はバンドの転換期にもなった名作なので是非聴いてみてください!

この曲のギタープレイは先ほどの曲「Want You Bad」と同じくパワーコードが主体です。

リフが少し動く分、Want You Badよりも少し難しいかもしれません。

間奏ではオクターブ奏法と、単音フレーズが少し出てきます。

こちらも基本的なプレイですが最初は慣れないと思いますので、テンポを遅くして少しづつ練習していきましょう!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜American Idiot〜

 

 

 

〜チェリー〜

 

 

 

 

 

 

「スピッツ」の「チェリー」です!

楽譜はこちらから)

・1曲

https://amzn.to/2Nb82I9

・ベスト

https://amzn.to/31Sc4Zp

・ギター弾き語り

https://amzn.to/2NqM6ZZ

 

発表から20年が経つ曲ですが、今も幅広い世代から愛される名曲です。

そしてこの曲をあえてご紹介させていただいたのですが、実はこの曲「初心者向けの曲ではない」と思います(汗)

それではなぜこの曲をご紹介したのかというと、この「チェリー」という曲は人気曲ということもあり「ギター初心者向け曲集」などの市販の楽譜集に収録されていることが多いんです。

やっぱり初心者の方ほど最初はどの曲が比較的簡単かが分からないので、こう言った「ギター初心者向け曲集」のようなものを購入されると思うのですが、収録されている曲が「簡単ではあるがあまり一般に知られていない曲」だとそもそもその本があまり売れなくなってしまうため、知名度のある曲が選ばれやすくなります。

「初心者」というくくりも曖昧なのですが、だいたいギターを始めて3年未満くらいだとほとんどの方が初心者に分類されると思いますので、ギターを始めたばかりの方とギターを2年ほど弾いている方ではやっぱり大きな差があります。

確かにこの曲「チェリー」は簡単な部類の曲であるということは間違っていないのですが、ギターを始めたばかりの方がチャレンジすると心が折れてしまうかもしれません(汗)

今でも平均して1年に2人くらいの方がこの曲をリクエストされているのですが、ほとんどの方がギターを始めて1曲目にチャレンジする曲にこの曲を選ばれています。

僕の講師歴は約10年ですから、ざっと計算しても2×10で、今までに約20人の方がこの曲に挑戦されているのですが、その半数近くの方は結構心が折れていました(汗)(もちろん最初に「結構難しいですよ」ということはお伝えはします)

とはいえ1曲目からこの曲を何とか弾けるようになったという方もいらっしゃいますので、練習時間がとれるかということも大きな違いになってくると思います。

以前から何度も書いているようにチャレンジすることが大事なので、挑戦してみたけれどやっぱり難しいから他の曲をやるというのも全く悪いことではありません。

色々と書きましたが、弾いてみたい方は是非一度チャレンジしてみてくださいね!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜チェリー〜

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

また次回もこのコーナーを書いていきたいと思いますので、お付き合いいただければ嬉しいです!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【エルギタースクールの各教室】

東京都内

池袋ギター教室

新宿ギター教室

秋葉原ギター教室

中野ギター教室

下北沢ギター教室

北千住ギター教室

千歳烏山ギター教室

府中ギター教室

練馬ギター教室

石神井ギター教室

赤羽ギター教室

板橋ギター教室

大山ギター教室

埼玉

東浦和ギター教室

南浦和ギター教室

朝霞台ギター教室

越谷レイクタウン ギター教室

神奈川

武蔵小杉ギター教室

新丸子ギター教室

青葉台ギター教室

横浜ギター教室

反町ギター教室

千葉

松戸ギター教室

新松戸ギター教室

本八幡ギター教室

市川市国府台ギター教室

緑区おゆみ野ギター教室

 

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲