こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲 まとめ」のコーナー!

今日でこのコーナーも10回目、今回も毎回書かせていただいているこのコーナーのコンセプトは省略させていただきますね。

このコーナーを初めてご覧になる方は前回までの記事も見ていただいて、コンセプトをご理解いただければと思います!

1曲ごとの詳しい紹介は「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーで書かせていただいていますので、そちらへのリンクは引き続き貼らせていただきますね。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜More Than Words〜

 

 

 

 

 

 

「Extreme」の「More Than Words」です!

 

全米ではナンバーワン、その他多くの国々でもチャート上位にランクインした「Extreme」を代表する曲ですが、「Extreme」というバンド本来の「ファンク・メタル」サウンドではないため、この曲が代表曲というイメージが定着したことは少なからずメンバーの間で物議を醸したようです。

ギタープレイは右手で弦やボディを叩くような弾き方も入ってはきますが割と単純で、左手も基本的なコードが押さえられれば難しくはないので、エクストリームの他の曲に比べれば難易度は圧倒的に低いです。

さすがにギターを始めて1曲目に選ぶのはきついと思いますが、指弾き入門としても良い曲でしょう。

アコギでしっとりとバラードを奏でたい方は是非練習してみてください!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜More Than Words〜

 

 

 

〜Smells Like Teen Spirit〜

 

 

 

 

 

 

「Nirvana」の「Smells Like Teen Spirit」です!

 

音楽史に残る超重要な曲ですね。

これなら自分たちにもできると思ったと多くの人々が希望を持った曲で、ギタープレイは比較的簡単です。

この曲をギターを始めて1曲目に選ばれた方も何人かいらっしゃって、苦労はしながらもみなさん弾けるようになっておられました!

イントロとサビのパターンはほとんど同じで使うコードもパワーコード4つ、AメロとBメロはありえないことに左手の押さえをかえる必要はなくずっと同じままでOK、ギターソロも比較的優しく、ギターソロに初めて挑戦するという方にもぴったりの難易度だと思います。

唯一、サビのラストのフレーズだけは少しだけコードチェンジが速いので初心者の方は少し苦労すると思いますが、この曲の難易度はなんとなく伝わったでしょうか?

今も幅広い世代の方から定期的にリクエストのある人気曲です!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜Smells Like Teen Spirit〜

 

 

 

〜I’m Yours〜

 

 

 

 

 

 

「Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)」の「 I’m Yours」です!

 

このシングルは全米で100万枚以上を売り上げ、世界各国でもNO.1を獲得します。

さらにこの曲は、受賞こそ逃しましたが第51回グラミー賞で最優秀楽曲賞と最優秀男性ポップボーカル賞にもノミネートされました。

アコギのサウンドが爽やかな曲ですが、この曲のギターは登場するコードはそんなに多くなく、基本的なパターンが多く繰り返されます。

ただバレーコードが多く出てくるので、1曲目に選ぶのはちょっときついかもしれませんね。

右手のバターンは「レゲエ」などのジャンルではよく登場するパターンですが、J-POPではあまり馴染みがないかもしれませんので慣れてきてノリが出せるようになるまでは少し時間がかかると思います。

とはいえ難易度的には初心者の方も十分に挑戦できますので、ご興味のある方は是非リクエストください!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜I’m Yours〜

 

 

 

〜HEY JUDE〜

 

 

 

(曲は0:55〜)

 

 

「The Beatles」の「Hey Jude」です!

 

この曲は「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において第8位に選ばれており、シングルは全世界で1,300万枚を売り上げ、「世界歴代シングル売上第4位」としてギネスにも認定されているという、言わずと知れた超名曲&有名曲です。

原曲はエレキギターのバッキングが入っていますが、その曲調からかアコギでのご希望がよくあります。

バレーコードは多く登場しますが、難しいコードやフレーズ、速いコードチェンジなどは出てこないため、初心者の方も十分にチャレンジできる曲です。

この曲を1曲目に選ばれた方はもれなくバレーコードで苦労されていますが、それさえ克服してしまえば後は比較的スイスイと弾けるようになるので、ギターを1年以上弾かれている方には結構簡単に感じるほどかもしれません。

右手のストロークパターンも非常にわかりやすいものですが、アクセントをつけずに全ての音を同じ強さで弾いてしまうとものすごくノッペリしてしまうため、アクセントは超重要です。

アクセントのつけ方はこの曲に限らずですが、ただ強く弾いたり弱く弾いたりすればいいということではありませんので、勘違いしないようにご注意ください。

レッスンではもちろんそのコツや弾き方をお伝えしています!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜HEY JUDE〜

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

ここまでで「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さん希望曲紹介のコーナー」の100曲目までとなります。

明日からも初心者向けのギター練習曲を引き続きまとめていきたいと思いますので、もしよろしければご覧いただければと思います!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲