こんにちは!
東京、池袋を中心に、新宿や中野など都内近郊にある完全個人レッスンのギター教室、エルギタースクールのブログです。

 

本日も昨日に続いて「初心者向けエレキギター&アコギ練習曲 まとめ」のコーナー!

今回は毎回書かせていただいているこのコーナーのコンセプトは省略させていただきたいと思います。

このコーナーを初めてご覧になる方は前回までの記事も見ていただいて、コンセプトをご理解いただければと思います!

1曲ごとの詳しい紹介は「教室のレッスンで実際に取り扱った生徒さんの希望曲紹介」のコーナーで書かせていただいていますので、そちらへのリンクは引き続き貼らせていただきますね。

 

それでは、いってみましょう!

 

 

 

〜Happy Birthday to You〜

 

 

 

 

 

 

誕生日ソングとして有名な「Happy Birthday to You」です!

 

この曲は絶対誰もが知っている曲でしょう!

皆さんもおそらく1回は歌ったことがありますよね?

この曲はスタンダード曲ということもあり、色々な形での演奏が楽しめます。

ギターを弾きながら歌う「弾き語り」のスタイルでも良いですし、一人で伴奏とメロディーを同時に演奏する「ソロギター」のスタイルでも良いですね。

友人などの誕生日に余興的に演奏しても楽しいでしょうし、ちょっと寂しいですが自分の誕生日に一人で楽しむのも良いかもしれません。(僕はやったことがあります(笑))

一番シンプルに演奏するならコードは3つで弾くことができますし、初心者の方にもピッタリだと思います。

ただ曲のキーによってはバレーコードが登場するので、そこは気をつけてくださいね。

ちなみに「Gメジャーキー」や「Dメジャーキー」、「Aメジャーキー」であれば、バレーコードなしで弾くことができます。(さらにカポを使えばどのキーでもバレーコードなしで弾けます)

アレンジによって雰囲気も難易度も大きく変わりますが、覚えておけばイベントなどでも活躍する曲ですので是非チャレンジしてみてください!

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜Happy Birthday to You〜

 

 

 

〜夏色〜

 

 

 

 

 

 

「ゆず」のデビューシングル、「夏色」です!

 

「ゆず」の中でも最も有名な部類に入る名曲ですね!

今年2017年にはロッテ「爽」のCMソングとして起用され、初のタイアップとなりました。

原曲は3フレットにカポをつけて演奏していきます。

バレーコードは普通に登場しますが、3フレットにカポをつけてしまえばオーソドックスなコードだけで弾けてしまうので、覚えるのは比較的楽なのではないでしょうか。

ただ右手は16分ストロークのパターンですし(テンポも約120)、左手のコードチェンジも1小節にコードが2個というのが基本なので、なかなか苦労するかもしれません。

特に初心者の方はかなり難しく感じるでしょう(汗)

僕はリアルタイムの世代なので、この曲をギター歴3年ほどの頃にコピーしたことがありますが、その時はサラッと弾くことができました。

ですのでギター歴が2年以上くらいの方であれば問題なくチャレンジできるのではないでしょうか。(もちろんどれくらい練習してこれたかなどの個人差はありますので、一概には言えませんが)

ちなみにギターを始めたばかりの頃に挑戦するのは、オススメできない曲です(汗)

 

教室のレッスン希望曲!アコギ編 〜夏色〜

 

 

 

〜What It Takes〜

 

 

 

 

 

 

「エアロスミス」の「What It Takes」です!

 

ギターソロがボーカル「スティーヴン・タイラー」の「ギター!!」という掛け声から始まるところ(映像の2:28〜)が特に最高な曲です(笑)

曲のギタープレイは特に難しいところはないかと思いますので、初心者の方も十分に挑戦できる曲でしょう。

アルペジオとパワーコードのプレイが中心で、わかりにくいフレーズもありません。

基本的なプレイをカッコ良く聴かせられるように練習していきましょう!

ギターソロはバッキングに比べると少し難しいですが、それでもそんなに難易度は高くないソロです。

チョーキングが多いので、音程(ピッチ)はしっかりとコントロールしていきつつ、完璧に弾きこなせるように頑張っていただければと思います!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター編 〜What It Takes〜

 

 

 

〜宙船〜

 

 

 

 

 

 

「中島みゆき」さんの「宙船」です!

 

この曲は「TOKIO」の曲として有名ですが、中島みゆきさんがTOKIOに提供した楽曲です。(ご存知の方も多いと思いますが)

「TOKIO」のバージョンとはアレンジやギターフレーズが違いますが、本家「中島みゆき」さんのセルフカヴァーも最高にかっこいいですよ!

この曲をリクエストされた生徒さんはアコギでの弾き語りをご希望でした。

少しバレーコードも登場しますが基本的なコードが多く、パターンもわかりやすいので比較的初心者向けと言ってもいい曲ではないかと思います。

とはいえ初心者の頃はどんな曲を弾いても大概難しいのである程度は大変ですが(汗)

弾き語りの場合はアコギでもブリッジミュートなどを上手く使っていくと曲の展開がつけていけるので、その分難しくはなりますが是非色々とやってみていただきたいと思います!

原曲はエレキギターのかっこいいフレーズも多く登場しますので、是非エレキでもチャレンジしてみてください!

ギターソロは初心者向けではありませんが、原曲のニュアンスをしっかりと再現できればかなりの表現力が身につきますよ!

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜宙船〜

 

 

 

〜夢の中へ〜

 

 

 

 

 

 

「井上陽水」さんの「夢の中へ」です!

 

1973年にリリースされたシングルで、発売から44年が経過していますが、今も幅広い世代に愛されている名曲です。

最近では日本テレビ系ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」のオープニングテーマに使用され、リマスター版のシングルCDもリリースされました。

イントロからエレキギターのハモりフレーズが印象的で、エレキの方には是非このフレーズを弾いていただきたいですね!

原曲はこの印象的なハモりフレーズ以外はエレキではなくアコギですが、ライブではアコギのオブリ(オブリガードの略。主旋律を引き立てるために演奏される短いフレーズのこと)パートをエレキが担当していたりしますので、エレキの方もアコギフレーズを練習していただければと思います。

アコギは原曲通りに弾くのであればストロークパートとオブリのパートに分かれます。

オブリパートは曲のテンポが速めなので難しい部分もあり、初心者向けではありませんが、おいしいフレーズが目白押しなので頑張って練習してみていただければと思います!

コードのストロークパートは初心者の方も挑戦しやすい難易度。

カポを1フレットにつければ「G」「Em」「C」「D」といった基本的なコードのみで演奏できてしまいますし、バレーコードは登場しません。

コードの数も全部で5、6個とかなり少なめです。

コードチェンジの間も比較的長めなので、ギターを始めたばかりの方が1曲目に練習する曲として選ぶのにもピッタリだと思います!

とはいえ、「ものすごく簡単に弾けますよ!」ということではありませんので注意してくださいね(汗)

 

教室のレッスン希望曲!エレキギター&アコギ編 〜夢の中へ〜

 

 

 

はい、ということでいかがでしたでしょうか?

 

今回ご紹介させていただいた中でも、コード弾きのみであれば「夢の中へ」は群を抜いてわかりやすいです!

ですので先ほども書かせていただきましたが、ギターを始めたばかりの方が1曲目に選ぶのにもオススメですよ!

 

ギターを始めてから1年以上経過した頃から色々な曲の弾き方が何となくわかってきて、今よりもどんどん楽しくなってくると思います。

始めたばかりの時は誰しもがかなり苦労するのでモチベーションをいかに保てるかが重要だと思いますから、このコーナーも一つの参考にしていただいて曲を選んだりしつつ、うまくいかない時期を乗り越えていきましょう!

 

 

 

それでは本日もありがとうございました!

 

 

 

〜無料体験レッスンにも是非お気軽にお越しくださいね♪〜

 

 

【関連記事】

カテゴリー:初心者向けギター練習曲